終値14,900円。オリエンタルランド株、少し雲行きが変わってきたようです。

ひとまずは昨晩のNYダウ落下からの流れ、ちょっと落下幅が大きかったですが仕方がない下落でしょう。

しかし3ヶ月続いた底堅い推移も、25日線(紫色)をしっかり割ってきたことで少し転機を迎えそうな形になりました。でも言ってみればそれもそのはず、来週には決算発表を控えてのこれから一旦守りに入っていくのも自然な流れでしょう。

75日線(赤色)はやっと上を向き始めましたが、25日線は15,000円を直前に若干下を向いてしまいました。ただ6月はこのままデッドクロスまで降下していきましたが、今回は少し状況が違うんじゃないかなとは考えています。

コロナに対する感覚が違ってきたのが最も大きいですが、低い出来高でゆっくり伸ばしてきた今回は、よっぽどのことがない限り75日線(現在14,200円辺り)の下抜けはないと見ています。

長らく14,000円前後で落ち着いていた今年の前半のコロナ禍、もちろん現状でも先行した期待買い状態にあることは間違いないのですが、数カ月先を読むのが現状の株価であるならば、すでに回復段階に入ったのではないでしょうか。

3ヶ月分の調整と、決算による荒天、いずれにしてもここしばらくは落下注意ではあります。

本日の日経平均は反落。東証一部の値下がり銘柄数は1593(73.7%)、値上がりは536、変わらずは51でした。

前日の上昇を受けた利益確定売りに加え、米国の追加経済対策の与野党協議が難航していることが重荷となった。ただ、11月の米大統領選や4~9月期決算の発表本格化を前に投資家の動きは鈍く、商いは低調だった。

東証大引け 反落、米経済対策の協議難航で 売買代金7日連続2兆円割れ:日本経済新聞

■日経平均:23,567.04円(-104.09円 / -0.44%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【14,900円】(-220円 / -1.46%)

■最高値:15,145円(09:05)
■最安値:14,900円(15:00)
■値幅:245円
■出来高:476,600

日経平均は思ったほど落下しませんでしたが、オリランドは昨日の上昇分が全部削られた形に。

下ヒゲなく最安値で引けたことからも、明日も引きずりそうな含みも残します。となるとやはり、景色が少し変わりつつあることには注意したい局面です。

2020年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 22,228,864......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る