終値13,345円。オリエンタルランド株、株主総会で分割の質問が出たようです。

●次回権利付き最終日:2020年3月27日(金)
●権利落ち日:2020年3月30日(月)

本日は株主総会。

日経平均とは逆行してグングン下げてのスタートとなりました。しかし、総会スタートの午前10時からは落ち着いたようで、結局大きな下げ日とはならず胸を撫で下ろしております。

6月も残すところあと1日。今月は8勝9敗2分けで前月比【+95円】。大ジャンプ月にはなりませんでしたが、5月の【+980円】の貯金と、乏しかった材料を考えれば健闘したのではないでしょうか。

本日の日経平均は反発。東証一部の値上がり銘柄は81.3%でした。

26日のトランプ米大統領などの発言を受け、週末の米中首脳会談で貿易協議が進むとの期待が高まった。一部の海外メディアが貿易協議で米中は新たな制裁関税を見送る暫定的な合意に至ったと報じたほか、中国・上海などアジア各国・地域の株価指数が総じて上昇したことも投資家心理を強気に傾け、景気敏感株を中心に買いが入った。

東証大引け 反発 米中協議の進展期待で、中国関連が高い:日本経済新聞

■日経平均:21,338.17円(+251.58円 / +1.19%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【13,345円】(-50円 / -0.37%)

■最高値:13,390円(09:00)
■最安値:13,220円(09:15)
■値幅:175円(前日終値より)
■出来高:439,300

今日はヒヤヒヤでしたが、なんとか持ち直して上昇傾向で終えたのは明日に繋がるでしょうか?

恐怖指数も一旦上昇が止まり(今日は貼りません(笑))、権利落ち日も過ぎ、株主総会ラッシュも落ち着いてきました。

オリランドも、7月は夏枯れ前に一発伸ばしておきたい月となります。

さて、注目の株主総会質問ですが、今回私は出席できませんでしたので、以下、ちゃちゃ丸さんのツイートを引用いたします。

Q1)ソフト面に関して改悪が多いと思う。キャラクターや新商品など。一番はフード。ここ最近テーマ性やストーリー性が無視されている。例えばジャングルの中でうどん、イタリアンのレストランでいかにもレンチンのパスタがでるなど。この改悪はキャストの不足が原因?それとも方針?

A1)より待ち時間を短く提供するため改善している。例えば夏場は冷たいうどんを提供するなど。今後も方針は変更する予定はないが人手が足りないわけではなくより多くのゲストにお食事を提供したいというもの。新鮮さや快適さを考えて改変している。ご意見は貴重な意見として承る。

Q2)オリンピック期間中のゲストの足について。公共機関の混雑が考えられる。キャストの通勤やキャスト確保への影響もあるのでは。2020で掲げる業績にも影響ないか。

A2)当社事業にとってオリンピックは良い影響をもたらすと考えられる。具体的な効果を見極めたい。キャストの通勤についてもお考えいただきありがとうございます。社内でも鋭意考えて参ります。

Q3)アプリが充実しているのでパーク内に充電ステーションが欲しい。

A3)現状商品店舗でバッテリーを販売しているのでそれを利用して頂きたいが、これからますますアプリを拡充するので貴重なご意見として検討していきたい。

Q4)高齢のキャストの採用について。今後の雇用制度はどのような方針で望まれるか。Disney Worldでは高齢のキャストが活躍している姿をみた。TDLでも高齢のキャストに活躍してもらいその子供と孫が誇れるようなものにして欲しい。

A4)現在雇用の上限を65歳としているが政府が70歳に引き上げる予定もあり世の中の流れをみながら検討を重ねていきたい。現状のTDLでもゲストの心に寄り添った見本となるサービスを提供してくれている高齢のキャストがいる。今後も雇用確保に努めていきたい。

Q5)雇用制度について。終身雇用が難しいと発言した他社の経営者がいるが、OLCはどのようにお考えか。

A5)昔のような終身雇用で働く働き方が減っているという記事はみている。ライフスタイルなどそれぞれのキャストの意思を尊重し雇用区分を設けている。当社としては質の高いホスピタリティを提供し続けたい為、テーマパークオペレーション社員という雇用区分(社員枠)を増やす。

Q6)パスポートの使用未使用がわかりづらい。前は穴が空いていたが今はそういったものがないので。レッツパーティグラ!のショーを開催しているがリズムオブワールドのようなものを再演して欲しい。(後半部分は質疑不採用

A6)二次元コードを導入したことにより識別ができないのは確か。しかし入場の際の利便性は向上したと考える。ご意見は貴重なものとして承る。

Q7)給与と賃金格差について。四季報をみると正社員平均41.5歳で年収670万円とあるが準社員は200万円台と伺っている。正社員の3分の1、これでは日々の生活で無理がでる。正社員と準社員の格差是正の解決、脱working poor対策が必要不可欠と思う。早急に対応されたい。

A7)テーマパーク事業に従事する社員には時給の見直し(評価制度)、雇用形態の変更など行なっている。3000人〜4000人のキャストを新しいテーマパークオペレーション社員に採用する予定。働き方を選べるという選択肢を儲ける。処遇の改善を行い働き甲斐を感じて貰えるような環境を目指す

Q8)昨年11月にパワハラ報道があった。夢の国に未来はないという衝撃的な発言も。一人一人のキャストとしっかり向き合えているのか。夢の国に未来はないということについて会社としてどう捉えているか。

A8)人材が全てで財産、活き活きと安心して働いて頂ける場所でなくてはならないと考える。面談や日頃から声をかけるなどし、責任者やマネージャーが過重労働などないか管理している。上司部下のコミュニケーションのみならず、メンバー同士が声をかけあえる環境を作る事が大事と考える。

Q9)ホテルのレストランの衛生面について。虫がいるのにキャストが何もしない。トングをゲストが落としてもキャストは何もしない。教育面、管理面はどうしているのか?

A9)残念な経験をされたということで申し訳ない。衛生面については食品衛生法に基づいた衛生基準を設けて教育管理している。しかしそれが現場でできていない現状があるということで今後そういったことがないよう見直しをしたい。

Q10)株価について。NISAを使って多くの方が株を買えるように再度株式分割しては?

A10)分割により株価の変動が急激な混乱を招くことになり経営の安定性確保から慎重に検討しないといけない。メリットデメリットありさまざまな観点から考えなくてはならない。前回の分割から4年しか経っていないので長い目でみて頂きたい。

Q11)イクスピアリやアンフィシアターは有効活用されていないのでは?イクスピアリは気取りすぎて子供を連れて行っても楽しめない、アンフィシアターも客層がちょっと、、(アニオタ?)劇団四季とか呼んでは?ディズニークルーズや第3テーマパークの開発計画は考えてるのか?(後半不採用

A11)イクスピアリについては理念として全ての年代が楽しめる場所として作っている。貴重なご意見として承る。アンフィシアターは貸しホールとして提供している。TDLに相応しい演目か事前に判断してお貸ししているが当日内容変更などもあるので随時チェックをする手順を整えている。

Q12)キャラクターコンテンツについて。マーベルコンテンツを導入する予定はないか2年前にも質問して導入予定はないとのことだったが、結果的に世界の流行に乗り遅れて逃した魚は大きかったのでは。これについてどう考えているか。

A12)マーベルコンテンツの導入予定は現在もない。ゲストの希望を吟味し幅広く導入すべきものかどうか検討していきたい。ディズニー社所有のものについて制約はあるが導入するかどうかの検討はしている。

Q13)商品があまりにもない。ボンボヤージュ関係は園内でしか発売していない。パークに入らなくては入手できないし、行っても発売日しか入手できないことも。商品開発在庫管理についてどうお考えか。

A13)お詫び申し上げる。極力欠品と過剰在庫を抑制している。需要予測をして発注数を考えている。早期欠品は昨年終盤から増えている。目新しさやエンタメ的にゲストに注目され、SNSにより情報拡散され需要が高まっている事が要因。販売前に追加生産、分割納品の前倒し、入場制限など検討。

Q14)人件費と法人税の減税について現状どうなっているか。役員含め後任を育てる意味でも人件費の増加は避けられないかとは思う。

A14)税制改正は適用可能なら順次適用させている。質問なあった所得拡大促進税制については当期適用している。

Q15)加賀見会長、現在の地位について長いが、見通しは正しかったといえるか。加賀見会長は退任しないのか?自販機を置かないポリシーを破った。見通しが甘かったのでは?上西社長はどう考えるか?下を育てていかないといけないのに加賀見会長からまだ教わることはあるのか。

A15)当然のことながら当社として加賀見は必要と考える。変換期に大きなリーダーシップを執られた。加賀見からは色々な薫陶をうけ指導を受けてきた。長年に渡っての貢献度、経済界との繋がり、それらの観点から必要な人材であり加賀見しかできないので上程させて頂いている。

Q16)Plan Do Check Actionのサイクルについて、Doは良く見えるがDoのあとのチェック、想定外だったときのアクションが見えない。ミッキーの顔の変更について詳しく説明して頂きたい。

A16)キャラクターの表情の変更についての考え方。ディズニー社とともにキャラクターの性格や背景から勘案。時期については割愛。 PDCAサイクルについては総合的に勘案している。しっかりサイクルは回しているのでご安心頂きたい。

Q17)公募増資をしてさらに新規事業を開拓して頂きたい。

A17)ただ今計画している設備投資プランについては現在の保有資産やキャッシュフロー内で賄えると考えている。

Q18)テロ対策について。現在の荷物検査はゆるすぎないか。カバンを触ったり見たりがあまりに表面的すぎると思う。ロスのディズニーでは空港のゲートのようなものが設置されており厳しかった。日本でもそういう設備の計画はないのか。

A18)情勢の変化に応じて対応を検討している。五輪も控えているので警備強化対策の検討、準備をしている。具体的には手荷物検査も機械を入れてのものを計画、巡回、警備、防犯カメラの強化など。詳細は控えるが安全面については運営の根幹になるので努力していく。

Q19)取締役候補者、花田社外取締役の就任期間が14年と長いのでは?実績も含めて回答願いたい。

A19)外部からの視点として適法性の観点から事業の的確性を担保して頂いている。監督する大きな役割のほか、テーマパーク事業を持続的に発展させる中で深い理解が必要なための知見があり大きな客観的意見を取締役会で発言して頂き、サポート、機能の向上に貢献して頂いている。

@chachamaru_rikoさん、貴重なツイートをありがとうございました。

今年のNo.1のパワーワードとしては、Q1の「ジャングルうどん」で盛り上がっているようですが(笑)。

Q6のパスポートの「使用済・未使用」がわからない、というのは、確かに、使用済みを未使用としてオークションに出したり、これを利用した詐欺も出ているようですね(オークション等で購入する際はお気をつけください)。

昨年の「金券ショップ質問」じゃないですが、買い取ってくれない金券ショップが出てきているのも、使用できるかわからないというのが原因のようです。

逆に、転売防止対策も兼ねているのかと思っていましたが、個人でパスポートを何枚か所有している方なども、どれが使用済みか混乱しそうです。転売防止対策でないのであれば、何らかの策を練っていただきたいところです。

そして、Q10でやっと分割についての質問が出たようです。

昨年、「だれかしてくれないかな〜」って現場で思っていたのですが(じゃぁオマエがしろよという話(笑))、今回オフィシャルでしっかり回答が聞けて良かったです。

前回分割後に、しばらく株価が低迷してしまったことも当然考えているでしょう。

やっぱりしばらくは、なさそうですね。

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 いつの間に6月も半ばを超え、気がついたら更新が遅れてしまいまし......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る