終値4,482円。オリエンタルランド株、35万人の軍勢なら徳川相手でも楽勝です。

※オレンジ:日経平均

4月の総決算から新エリアがオープンとなって5〜6月は期待が高まったオリランドですが、現在のところ4月比でわずか「+2.8」。

予想に反して奮わなかったと感じた方は、きっと10人中9人はいらっしゃると思います。この人数の根拠は、近頃の信用倍率は過去最高の10倍前後を推移していたからです。

過去、5倍を超えて緊張が走るなんてもはや麻痺するほどに、「10倍の期待」というのはそれほどに重かったというのも実感しました。

これがその過去2ヶ月の倍率です↓

日付 売残 買残 売残増減 買残増減 信用倍率
2024年6月21日 542,500 5,355,000 21,100 -598,200 9.87
2024年6月14日 521,400 5,953,200 -21,400 437,800 11.42
2024年6月7日 542,800 5,515,400 -7,000 -344,000 10.16
2024年5月31日 549,800 5,859,400 -58,300 181,300 10.66
2024年5月24日 608,100 5,678,100 -44,200 -57,000 9.34
2024年5月17日 652,300 5,735,100 15,900 -61,800 8.79
2024年5月10日 636,400 5,796,900 15,400 -757,300 9.11
2024年5月3日 621,000 6,554,200 63,200 1,332,000 10.55

MAXは6/14の「11.42倍」。これははっきりと新エリアにぶつけてきたのがよくわかりますね。先週は1割ほど買残が減って「9.87倍」となりましたが、これでもまだぶっちぎりの過去最高値水準です。

さて、昨日株主総会が終わり、ひとつ印象深かった強烈な数字がありました。

「株主数35万人以上」。

昨年5月にこんなことを書いておりました↓

オリランドの総株主数が21万人ですから、突然7万人が増えるなんてことはあり得ません。

5連騰がかかった連休明けでしたが、残念ながら地合い通りの大人しい展開に。しかし5日線(緑色)よりも上に位置......

7万人があり得ないどころか、14万人も増えていました。

昨年5月の情報は4月の総決算時(3月までの集計)なので、4月の分割と新NISAの影響が大きかったか、昨年度は+67%も株主数が増えたことになります。

個人的に、新規株主をよく「援軍」と例えますが、35万もの軍勢となれば、関ヶ原で徳川相手にも楽勝できる数です(笑)。

なんて冗談はおいておきまして、分割後の上昇と1月の新高値もこれで腑に落ちました。

逆に言うと、「買う人はもうみんな買ってしまった状態」とも取れ、それはまさに靴磨きの少年状態だったか、通りで苦しかったはずです。

2017年7月のGクロスからトレンドが始まった週足線は、2020年7月に「コロナ開園(一般評価としては早すぎる開園?)」により一度Dクロス、そして今回は4年ぶりのDクロスを迎えてしまいました。

いまだ重くのしかかる買い残、少なくとも来月の1Q決算までは持ち越しかといったところかもしれません。

逆に、この倍率でよく耐えておりますと評価いたします。

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【4,482円】(-23円 / -0.51%)

■最高値:4,542円(09:11)
■最安値:4,480円(14:59)
■値幅:62円(前日終値より)
■出来高:4,615,700
■引け成り:1,336,400売り

2024年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 35,264,241......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク
関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る