終値15,115円。オリエンタルランド株、祝・Gクロス。

昨日の新エリア開業がうまいこと働き、9月は2度目の15,000円超えとなりました。

さらに嬉しいことに、25日線(紫色)がはっきりと上抜けしております。ゴールデンクロスもいただきました。

上抜けクロスは5/13以来約4ヶ月ぶり。また5月のゆらゆらしながらなんとなく上抜けたときとは違い、思わぬタイミングでの新エリアという「ドーピング💉」もあってか(笑)、今回は力強く抜けた印象もあります。

いよいよ上昇トレンドの狼煙が上がった、と思いたいほどの気持ちの良い軌跡。

なのですが、、、

新エリアの華やかなニュースの裏では社員の賞与がカットされ、ダンサーさんなどは配置転換を斡旋されるなど、苦しい状況はまだ何も変わっていないということは肝に銘じておきたいところです。

5月は、開園と夏のコロナ終息の期待を乗せて奇跡的に16,000円に到達しましたが、結局発表されたのは「制限つき開園」で、期待虚しくコロナも収まらずでした。

果たして今回はどうか?

引き続きコロナ騒動は収まっておりませんが、街には誰もいなかった5月に比べて制限は徐々に緩和され、何より人々の意識が変わりつつある傾向を感じることに希望が見えます。そう、最も大事なのは人々の意識です。

ただ、ここから昇っていくかと言われるとイメージしづらいのも現状。今度は5月のような跳ねはないと思いますが、万が一跳ねたとしても、10月初旬の入園者数発表(4月はありませんでしたが今回もなし?)からの2Q決算で我に返ってまた落とされるとしか思えません。

当てにならない夢株レーティングによりますと、今年度の予想は控えめに14,500円くらいで十分御の字はないかなと冷静に考えていたりもします。

本日の日経平均は小幅反発。東証一部の値上がり銘柄数は1600(74.0%)、値下がりは488、変わらずは88銘柄でした。

米市場で米連邦公開市場委員会(FOMC)通過後にハイテク株の売りが再開するなか、相対的にハイテク株比率が低いとされる日本株に分散投資を目的とした海外勢の買いが入った。

東証大引け 小幅反発 ゲーム関連や自動車に買い 連休前で上値限定:日本経済新聞

■日経平均:23,360.30円(+40.93円 / +0.18%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【15,115円】(+335円 / +2.27%)

■最高値:15,150円(12:32)
■最安値:14,835円(09:00)
■値幅:370円(前日終値より)
■出来高:1,040,600

昨日の新エリアニュースでは、すでに高い位置にあった現状も考えると正直どちらに転ぶか不安がありましたが、しっかり買われてくれました。

9月に出来高が100万を超えたのは今日で4度目。マイナスは1度だけありましたが、全てが陽線。

勢いは大いに感じますが、現在25日線からは1,000円に迫る高い位置にいることも忘れないで起きたいところです。少なくとも、高度計の警告ランプは点灯しているはずです🛫

ちょっと円高も気になりますね。今日は104.69円が一本約定していました。

さて、明日からは4連休です(今年もシルバーウィークとは言わないらしいですね)。

オリランドは連休開けに強い?なんて、なんとなく勝手に思っておりますが、ちょっと上げ過ぎちゃいましたでしょうか?

ちなみに、過去3年の9月の連休開けは3連勝ではあります。

それではみなさん、よい連休を!

2020年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 21,623,106......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る