私の株式ポートフォリオを公開します。2020年8月後期。

円建保有証券

日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比
21,623,106円

+3,980,687円

+22.56
+371,435円

前回比プラス37万円(+2.05%)。

ここにきてポツポツと、戻す株、戻りにくい株の差が出てきたように感じます。すかいらーくやコメダなど、人を集めないと売り上げがままならない企業や業種はまだ苦戦中です。

もちろん、オリランドもしかりですね。

このまま嘆き続けるのか、それとも起死回生の新しいサービスの一手を打ってくるのか。いずれにしても時代に合わせて変化できない企業は遅かれ早かれ衰退していきます。

2年前に上場廃止になったパイオニアさんなども、後者だった気がします。そして実はSONYと任天堂も、同じ道を辿ると思っておりました。

例えばSONYさんはこの辺の記事(2018年8月)が、ホントかウソか。でも有り得そうな企業体質ですよね↓

講演後にソニーの技術者と話をしたら、「これまでにない高性能なPS3はイノベーションを起こしたんだ、そこに搭載されているCellもイノベーションを起こしたのだ」と本気で訴えたのである。つまり、ソニーの技術者の頭の中は、「イノベーション=技術革新」となっており、高性能なCellを開発し、高機能なゲーム機をつくった時点でイノベーションが起きたと思い込んでいた。そして、「売れないのは営業の連中が無能だからだ」というようなことを言った。

ソニーはサムスンの足元にも及ばないという歴然たる現実…半導体1兆円投資は失敗濃厚

人が戻るのが先か。それとも企業が変わるのが先か。

「いつ何時も、時代の変化に抗った企業は、その全てが没落した」(ジェレミー・シーゲル)

「強いものが生き残ったのではない。賢いものが生き残ったのでもない。唯一生き残ることができたのは、変化に対応できたものだけである」(ダーウィン)

今回の特記事項としては、やはりバフェットさんの日本商社攻めでしょう。どれも10%に迫る上昇で、我が伊藤忠と三井物産は半月でそれぞれ【+7%】と【+9%】。疲弊していた日本経済にとってこの上ない朗報でした。

後は、コロナ。

これ関しても、日本に限って言えば毎年のインフルエンザの患者数と死者数だけを比較すると今年のそれは明らかに少なく、それでも真夏にマスク着用を強いられるなどの奇行に走らなければならなくなってしまいました。

文句は山程ありますが、どんな状況であれこれもまた「変化」であり、そこで文句を述べるのではなく、この変化に自らが率先して対応できなければいずれ自分が没落するということなんでしょう。

米ドル建保有証券

米国株評価額計 損益(外貨) 損益(円貨) 前回比
109,102USD  +20,220USD +1,996,490円 +340,208円

今回は、初めて損益が【+20,000ドル】を突破しました。ハイテク様様です。

特にアマゾンは、1株しか持っていないのに2,500ドルのプラス。なぜ増資できなかったのかと言えば、アップルもそうですが今までがあまりにも絶好調すぎました。まさに押し目待ちに押し目なし。どこまで突っ走り続けるのでしょう?

100年後、「iPhone 100s」は果たして発売されているのか?(笑)

実は、上の日本株もそうなのですが、今回の集計は本当に「8月31日集計」のものです。

よってこの米国株も8/31が終わったときのものであり、一昨日からの調整落下は含まれておりません。現在は、昨日一昨日の2日間の落下で20万円ほど飛んでおります。

今回購入株

シスコシステムズ(CSCO):41.93USD ✕50株

自粛生活で、日本でも一般的に耳にするようになってきた企業なので購入。さすがにZOOMはベンチャー色が強すぎて手を出せませんでした。

今回売却株

なし。

Facebookが300ドルを突破したので、売ってしまおうか悩んでいました。きりの良い数字でもありますし。

でもこの「きりの良い数字」とは、恐らく世界中のみんなが全く同じように感じることだと思います。大事なのはこういうところですよね。

売られるか買われるかはわかりませんが、注目が集まる状態になり、乱気流が発生しやすくなるはずです。

「みんなと同じ思考になると、もれなく全員がひき殺されるのも株」

だから、雑誌や新聞で特集された銘柄やNISAランキングで目につきそうな銘柄の多くは、失速しやすいんですね(オリランドも、3年前はジュニアNISA部門で堂々1位を獲得していましたが^^; まだジュニアでも買えた時代)。

調整込みですが、Facebookは現在は283ドルまで落下。

今年は大統領選もあるのでまた難癖つけられるでしょうし、何かがあるたびに何かと格好のネタにされる企業。

GAFAはもう3年以上保有していますが、3倍以上になったのはアップルとアマゾンだけ。グーグルとFacebookはまだ2倍弱で、特にFacebookは大波小波がずば抜けて大きく、長期保有には精神的にも向かない銘柄だということを感じております。

結局売ってはいないのですが🤔

私の株式ポートフォリオ一覧はこちらです。

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る