終値13,680円。オリエンタルランド株、昨年と同じ展開の4月末日。

クロスを眼の前にして久しぶりの大きな振れ日。

緊急事態宣言の延長を嫌ったか、にしては限られた銘柄のみの下落。個人的に所有する銘柄内では、今日はオリエンタルランドの一人負けという具合でした。

今日の結果をテーマパーク関連に絞って見ても、なんとほぼ一人負け。

今回の決算でPERが昨年の吉野家バリに4ケタに跳ね上がった分、さすがに翻弄されたパニック売りなのかなとも見ております。

ただそうなると、5月中旬に決算を発表するサンリオ、富士急あたりもどうなっちゃうかですね。長い目で見ると、オリランドよりも相当苦しいんじゃないでしょうか。

さて、オリランドは昨年の4月末日も狙われた日(?)であり、当時最大下げ日を記録して、その一発で4月はマイナス月に。

今年4月の成績は11勝9敗1分けで、勝ち越しはしたものの、やはり今日一発でマイナスに転落、前月比は【-140円(-1.0%)】という結果となってしまいました。

5月といえば、オリランドは連休明けに上昇トレンドがスタートしやすい月。しかしいつもと違いすぎる状況に、謎の反発はあるかも知れませんが、トレンドを描いていくと予想する人はほとんどいないでしょう。

もちろん「完全収束」となるとまだまだ途方も無い時間が必要かも知れませんが、ピークは過ぎたと言いますか、以前に増して一人ひとりの意識も上がり、防衛策を身につけてきたように思います。マスクを自作される方も増え、ただただすごいと思うばかり。

今回引き続き自粛期間は伸びましたが、明らかに一ヶ月前とは変わってきている状況に、期待したいと思います。と言いますか、希望を持たないと生きていけないですね。

本日の日経平均は420円の大上昇で2万円台回復。東証一部の値上がり銘柄は1490(69%)、値下がりは630、変わらずは51でした。

新型コロナウイルスの治療薬を巡る期待感から、経済活動の再開への思惑が広がった。前日の米株高を受け、短期筋による先物主導の買いが上昇をけん引した。終値としては3月6日以来、約2カ月ぶりの2万円台回復となった。

東証大引け 大幅反発 コロナ治療薬への期待で2万円台回復:日本経済新聞

■日経平均:20,193.69円(+422.50円 / +2.14%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【13,680円】(-605円 / -4.24%)

■最高値:14,400円(09:00)
■最安値:13,680円(15:00)
■値幅:720円
■出来高:2,440,600

寄り付き前の気配値は高かったのですが、一転下降線。出来高は3/27(権利付き最終日)から約一ヶ月ぶりの200万台で大荒れ。

信用倍率は先週の【0.27】から【0.32】に少し上昇。平均線で反発すると踏んだのか、決算で一旦安心すると見たのか。いずれにしても今日は残念な日になってしましました。

あ、そう言えばもう、ゴールデンウィークなんですね。毎日自粛だなんだで、季節感もなくなってきております(:_;)

2020年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 20,076,733......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る