終値16,435円。オリエンタルランド株、前月比マイナス5円まで戻して再スタート?

●次回権利付き最終日:2020年3月27日(金)
●権利落ち日:2020年3月30日(月)

10月はスタートから荒れ模様の米市場と日経平均。

しかしなんとかオリランドは今日、前月比【-5円】まで戻すことができました、このまま再スタートといきたいところですが。。。

今日までの10月の4日間は、-125円、+165円、-230円、そして本日の+185円と、毎日1%前後の上下動でちょっとガタガタと揺れたスタートとなりました。

とは言え、チャート的にはまだまだ弱気な傾向は見られず、日経平均やダウに比べれば至ってノーダメージと判断できそうです。

もちろん入場者数発表の上昇分で相殺されたとも取れますが、投資家の肝を冷やすことなく進めたという意味では良いタイミングだったかもしれません。

25日線(紫色)も16,000円まであと少しで、こちらも曇りなく上昇中。

一応VIX恐怖指数は、昨晩4.67%落ちてくれて現在【19.60】。

ドル円が再び106円台になって緊張感も高まりますが、日経平均も後場からなんとか持ち直し、本日はなんとか乗り切れたようです。

本日の東証一部の値上がり銘柄は55%でした。

今週は下値模索の場面が目立ったとあって、先物の売り方による持ち高整理の買い戻しなども入り、相場を押し上げた。日米の長期金利低下で銀行や保険など金融株は総じて売られ、午前を中心に日経平均は下げる時間帯も長かった。外国為替市場での円高・ドル安も重荷だった。

東証大引け 反発、先物に買い戻し 金融株安や円高は重荷:日本経済新聞

■日経平均:21,410.20円(+68.46円 / +0.32%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【16,435円】(+185円 / +1.14%)

■最高値:16,435円(14:10)
■最安値:16,215円(10:34)
■値幅:220円
■出来高:505,000

寄り付きからもみ合いが続いて、一時マイナスに転じる場面もありましたが、後場には日経共々回復。

出来高は平均的な50万台で目立った外傷もなく、落ち着いた買いがしっかり入ってくれたという印象で、こういう上昇は好印象に感じます。

やはりまだ月初めですから、降下することなく貯金を作ってもらいたい段階ですね。

希望としてはやはり、中旬以降に軽い調整を行った後、月末の2Q決算でまたひと跳ねを期待したいところです。

続いて11月は、いよいよ「アナ雪2」の公開、そして「ディズニー・チャンネル」スタートといった、コンテンツ群も脇を固めてきます。

この時期から角度を上げて本加速をしていった2014年。

当時と比べても、決して視界が曇っているようには見えませんが、果たしてどうなるか?!

今年はすでに【+48.7%】と、十分すぎるほど上昇してしまっている株価。

確かにいつ雪崩が起きてもおかしくない恐怖といつも背中合わせではありますが、それでもなお、さらなる希望が持てる銘柄として、恥じない姿を見たいですね。

2Q決算の結果で、来年4月末の本決算の輪郭が半分見えてきます。減益予想をどこまで埋められるか?

今のところは順調すぎる上振れ。今後も期待したいです。

今週もありがとうございました。良い週末をお迎えください。

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 半ば恐れていたオリエンタルランドの9月は、終わってみれば【+9......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る