終値14,590円。オリエンタルランド株、絶好のチャンス日が訪れたか。

●次回権利付き最終日:2020年3月27日(金)
●権利落ち日:2020年3月30日(月)

今日は、アプリのバグかと思わせるほどに、たくさんの銘柄がなかなか寄り付かなかった日本市場。

そんな中、比較的早く値がついたオリランドがつけた株価は【14,215円】(前日比-310円)。

正直、「とりあえず100株だけ?」、、、と、一瞬マウスを握る手が反応しました。

しかしこれでもなお25日線(紫色)から100円以上も上。105円割れもちらつかせるドル円と、迫りくるお盆休みを考えると、ビビリな私は当然動けるわけもなく。

早朝にはミサイルの報道もある中で、まさかこんなに早く戻すとは午前中の段階で想像できましたでしょうか。終わってみれば、奇跡のプラ転です。

本日9:00に動けた方、ひとまずはおめでとうございます。勝負感を持っていない私は、こういうとき、ただただ羨ましいですね。

本日の日経平均は当然下げ。しかし後場の回復で、思ったほどは傷口は広がらず、東証一部の値下がり銘柄は60%でした。

中国人民銀行(中央銀行)による人民元取引の基準値の設定で安心感が広がり、株価指数先物が買い戻された。時間外取引での米株価指数先物の上昇や円高・ドル安進行の一服も支えとなった。日中の値幅は497円と、2018年12月27日(509円)以来の大きさで今年最大だった。

東証大引け 続落 人民元設定受け下げ渋る 日中値幅は今年最大:日本経済新聞

■日経平均:20,585.31円(-134.98円 / -0.65%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【14,590円】(+65円 / +0.45%)

■最高値:14,630円(13:05)
■最安値:14,215円(09:00)
■値幅:415円
■出来高:622,200

本日もめちゃめちゃなスタートとなりましたが、寄り付きの-310円を跳ねっ返してのプラス着地。

当然ですが、引き続きソアリンは長蛇の列。これを見るとまだオリランド自体の衰えは感じません。早くも2Q決算(10月末)が楽しみですね。

そんな私は今日も、取り憑かれたようにせっせとドル買い。

今回の最低購入価格はこれとなりそうです。105.68円は自身でも新記録。朝から日本株はそっちのけで(見たくなかったというのもあります(笑))、これにうつつを抜かしておりました。

昨晩購入した米国株は、ずっと欲しかったユニリーバ。現在配当3%のADR株。これも恐らく、一生売りません。

VTIも、VYMも、VISAも、あの状況ではみんな欲しかったのですが、落ち着いて小出しに行きます。

まだまだ落ちるナイフなのかは誰にもわかりませんが、万が一致命傷を負ったとしても今まで早めに回復してきた米国株は、こういうときやはり魅力です。

とりあえず今晩も時差を恨みながら、目覚ましを4:30にセットして就寝したいと思います。

当然オリランドは常に牽制しながらも、今回は米国株にがっつり振っていきます。

しかしなんでこの季節なのか(;´Д`)

日中は、暑くて眠くて大変です。

オリランド以前に米国株が絶好のチャンス日(?)。生きてるだけで丸儲け。になるかな?

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 8月になり、2014年、2017年を上回る角度でいまだ上昇し続......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る