終値10,875円。オリエンタルランド株、耐えたと思います。




●次回権利付き最終日:2019年3月26日(火)
●権利落ち日:2019年3月27日(水)

陽線で終えられたのがせめてものアピールです。

反発に向けてゆっくりと体制を立て直しつつある25日平均線(紫色)。もう少しです。

昨晩の米市場の崩れをまともに受け、本日は苦しい一日に。

前日の米株式市場でアップルなどハイテク株が急落し、ダウ工業株30種平均は602ドル安と大幅安となった。投資家心理が弱気に傾き、リスク資産を圧縮する目的の売りが日本株にも膨らんだ。朝方は下げ幅を800円近くに拡大し、心理的な節目の2万1500円を下回る場面もあった。

東証大引け 大幅反落、アップル関連に売り 下値では押し目買い:日本経済新聞

■日経平均:21,810.52円(-459.36円)

それでも、日経平均の下落率【-2.06%】に対して、オリランドは【-0.73%】。耐えてくれたのではと思います。

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【10,875円】(-80円 / -0.73%)

■最高値:10,895円(14:31)
■最安値:10,730円(09:31)
■値幅:225円(前日終値より)
■出来高:506,800

寄り付き時は200円以上のマイナスをつけましたが、9:30付近から、もみ合う日経を横目に約1%の上昇。今日はここが大きかったですね。上を向きかけた強さなのか、ひとまずは凌いでくれたのではないかと思います。

昨日20を割った日経VIも、本日は再び上昇。

日経平均の下落幅的には今回の第三波と言ってよいでしょう。日経VIは10/11に【26.46】に跳ね上げてから、すでにかれこれ1か月以上も緊張した状態が続いております。

2月のショック時は、2/5に20を超えて、20以下に落ち着いたのは4/12ですから、実に2ヶ月以上要しており、今回も完全脱出にはもう少し時間がかかるかと思われます(前回オリエンタルランドは優待月と重なり、早めに脱出できましたが)。

11月はこれで6勝3敗。6月以来の、久しぶりに勝ちが先行する月です。なんとか体制を立て直して、年末の「ボーナス買い入れ特需」を迎えたいところです。

ちなみに、今年6月時点での年内の目標株価は13,000円でした。さすがに苦しくなりましたが、35周年の集計が出揃う来年は必ず達成してくれると考えております。

慌てずに参りましょう。

いつもありがとうございますユメカブです。 前回はひどい成績を公開することになりましたが、後半も結局回復す......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る