終値10,215円。オリエンタルランド株、昨年の終値を下回る。




●次回権利付き最終日:2019年3月26日(火)
●権利落ち日:2019年3月27日(水)

表題通りです。

年初来安値ではありませんが、2017年大納会の【10,270円】を下回りました(今年の最安値は、VIXショックの第一波を喰らった2/6の【10,065円】)。

2月のときもそうでしたが、この事態、もうどうしようもありません。

日経VIは一時【30】を超え現在【29.17】。3/5の【28.39】、3/23の【27】を上回り、2月のショックに次ぐ高さを記録。

個人的に所有している銘柄は、昨晩の米、本日の日本と見事に全滅です。

東証一部の値下がり銘柄は、なんと98.5%。

3月29日以来ほぼ7カ月ぶりの安値だった。下げ幅は11日以来の大きさ。世界景気の先行き不透明感から24日の米株式相場が急落したのを受け、運用リスクを回避する目的の売りが幅広い投資家から出た。電気機器や精密機器、機械など海外経済動向に敏感な銘柄の下げが目立った。

東証大引け 大幅反落、822円安 7カ月ぶり安値、景気敏感株に売り:日本経済新聞

■日経平均:21,268.73円(-822.45円)

「さあどこまで耐えられるか」という気持ちで本日はスタート。

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【10,215円】(-320円 / -3.04%)

■最高値:10,385円(12:39)
■最安値:10,205円(09:03)
■値幅:135円(前日終値より)
■出来高:652,100

記録はできなかったのですが、寄り付き前の気配値で【10,015円】まで落ちた時は少し慌てました。

概ね10,300円台をキープできていたものの、ゆっくり下げる日経平均に引きずられて【-3.04%】。

しかし日経平均の【-3.72%】と比べると、これでも今日は耐えた方ではないかと思います。それだけひどい一日でした。

寄り付き直後、日経よりも少し早いタイミングで反発したこともあり、底が見えたような気もしたのですが。

このままどこまで下げるのか。さらなる不安も押し寄せますが、今日は上海総合指数があっさりとプラスで終えております。

ドル円も少しドル高傾向にあり、一時的かもしれませんが、とりあえず一旦明日は買い戻しが入りそうな流れに見えます。

上は週足2年。

こう見ると、今回はVIXショックが可愛く見えるほどの急落。やはりこういった世界的株安時は、PERの高いところはどうしても不利になってしまうのも仕方がないです。

とりあえず決算で流れを変えたいですね。決算発表は10/30。あと3営業日を耐えましょう。

営業利益は1割増えたようですが。。。

<東証>OLCが安い「4~9月の営業利益1割増」:日本経済新聞

いつもありがとうございますユメカブです。 2月のVIXショック以来の世界的株安に見舞われております。オリ......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る