終値5,300円。オリエンタルランド株、5日続伸で75日線も上向き傾向に。

※オレンジ:日経平均

11/30に、75日線(赤色)は下がりながらもゴールデンクロスとなったオリランド。12月は6勝1敗で、本日は11/2以来約40日ぶりの5日続伸となりました。

今回はさほど期待ができないクロスだったものの、ここに来てその75日線も反転しつつあるのは朗報でしょうか。

75日線が反発するとなると、期待度は変わってきます。

75日線の反発は過去5年で6回、今回もとなると7回目になります。

過去全て、大上昇の予兆としてその直前に必ず確認できているものですが、青で丸をした「騙し」も2回。

記憶に新しいのは昨年8月、同じGクロス後に見られた75日線の騙し反発↓

ただ周知の通りこの5ヶ月後には本反発となり、もう一つの2020年の騙し時も同様に5ヶ月後に本反発となりました。

また、先程の過去5年75日線の反発(丸印)を、週足線の上に乗せてみると以下のとおりとなります↓

お気づきでしょうか?

少々わかりにくいですが、これだけで判断をするならはっきり言えることがひとつあります。紫色の線に注目。

過去2回の「騙し」時は、週足中期線(紫色)の反落時と重なっていたということ。

いずれも大きな上昇後の反発で、まだ体制が整いきれていなかったとでも言えましょうか。

では今回はどうでしょう?拡大してみます↓

残念ながら週足中期線(紫色)は反落時にあり、あくまでも過去の例から判断するならば「騙し」の可能性が高いと言わざるを得ず、当然わかりませんが、個人的にはあまり期待しないようにしています。

たださらに過去の例になぞらえるならば、騙した5ヶ月後には本反発が起きていることから、そうすると今回のタイミングはオリランドが一年で最も期待ができる月、5月に当たることになります。

5月なら納得。

過去の成績から、オリランドはセルインメイならぬ「バイインメイ」。「5月に買え」。

過去最高売上決算からの新エリア。果たして来年もまた、新高値が見られるか?!

信じているぞ (๑•̀ㅂ•́)و✧

本日の日経平均は3日ぶり反発。東証プライムの値上がり銘柄数は1416、値下がりは212、変わらずは32でした。

8日発表された11月の米雇用統計を受け同日の米株式市場で主要株価指数が上昇したほか、円高進行も一服したことから東京市場でも幅広い銘柄に買いが入った。日経平均の上げ幅は一時600円を超えた。

東証大引け 日経平均3日ぶり反発、円高進行一服で – 日本経済新聞

■日経平均:32,791.80円(+483.94円 / +1.50%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【5,300円】(+89円 / +1.71%)

■最高値:5,311円(11:07)
■最安値:5,191円(09:00)
■値幅:120円(前日終値より)
■出来高:3,937,000
■引け成り:535,100買い

2023年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 35,264,241......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る