終値21,745円。オリエンタルランド株、再び25日線上へ浮上。

今日は東証一部の98%が上昇。

原油反落、米市場反発の影響が濃かったか、日経平均も一時1000円の上昇などオリランドも3.67%の反発日となりました。

個別では特に何もなくとも大きく反発するという、いかにまわりの影響が強いかもよく分かる一日でしたでしょうか。

原油先物が10%下がり、それが穀物などに波及するなどが好感されたようですが、まだまだ、、、

なんちゅうか本中華。

今日のラジオ日型では「ショートスクイーズ※」という単語が挙げられました。確かにその疑いも色濃いですね。いずれにせよ今回のSMBC日興社員の件じゃないですが、誰が何をしているのかは一般レベルではわかりません。

※ショートスクイーズ:多くの空売りが行われ、その銘柄が供給不足・需要過剰になった局面で意図的に株価を上げてその空売りを締め上げること。踏み上げ(ふみあげ)と呼ばれることもある。

特にオリランドは2月の貯金がある分、今のところ良い風に乗れています。しかし過去の動きから、これが本芯とは言えないでしょう。まだまだ信用勢力の争いによるそれこそ「踏み上げ」による株価ではないかと個人的には思っています。

でも定期的にこのような争いが頻繁に起きる銘柄であるということも、やはりその人気を物語っていますね。

ずっと人気がある。だから最後は上がる。モノのトレンドの多くは賞味期限があり、飽きられて終わることが多いのですが、果たしてミッキーマウスの賞味期限とは?!

本日の日経平均は5日ぶり大幅反発。東証一部の値上がり銘柄数は2140、値下がりは30、変わらずは10でした。

原油など主要な国際商品の上昇が一服し、急速な資源インフレの進行による景気悪化の懸念がひとまず和らいだ。リスク回避の姿勢を強めていた投資家が幅広い銘柄に買いを入れた。

東証大引け 5日ぶり大幅反発、972円高 値上がり銘柄数は98%: 日本経済新聞

■日経平均:25,690.40円(+972.87円 / +3.94%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【21,745円】(+770円 / +3.67%)

■最高値:21,765円(10:33)
■最安値:21,425円(09:06)
■値幅:円
■出来高:750,400
■引け成り:124,900買い

2022年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 32,405,717......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る