終値16,610円。オリエンタルランド株、台風を乗り切れ!

●次回権利付き最終日:2020年3月27日(金)
●権利落ち日:2020年3月30日(月)

穏やかには、行かせてくれませんでした⛄️

大きな利確売りからのロスカット勢力からのパニック売りからの雪だるま⛄️

といった特有のパターンでしょうか。このトラップは昨日から仕掛けられていたのか、はたまた「台風警戒」の一時撤退によるものか。

9/10の【-855円】がまだ記憶に新しいこともあり、今回は個人的には比較的余裕を持って見ていられました。

25日線(紫色)の進路には影響なく、その高度は【+450円(+2.7%)】。

昨日の値上がり幅📈上位4位までは、今日の値下がり幅📉ベスト10入り。ほとんどが全戻しという悲しい結果に。

出る杭はいずれ打たれるのがオチですから、少し地味なくらいで良いのですよね。

さて、台風19号に完全にロックオンされたネズミ。

前回は、シーが1時間遅れで開園した以外は大きな影響はなかったようですが、明後日土曜の午後から確かに心配ではあります。

パークを構える上で天災はどうしようもないわけですが、逆に天災対応の柔軟さを見せるチャンスでもあります。良い報道を期待したいですね。

しかし前回の台風がすごかっただけに、それを上回るなんて言われてしまうと萎縮てしまいます。せっかくの連休、初日から欠航で飛べないという方も多いと思われます。

そんなときは、ディズニーリゾートに行って癒やされてください^^;リムジンバスで羽田から40分、成田から1時間です(笑)。

さて、本日の日経平均はかろうじてプラス着地。とはいえ東証一部の値上がり銘柄はわずか27.6%でした。

朝方は10日から始まる米中閣僚級協議の先行きを懸念した売りに押されたが、その後は協議の進展を期待させる報道が出たことを好感し短期筋が株価指数先物に断続的な買いを入れ現物株指数を押し上げた。ファストリなど値がさ株に買いが入ったことも相場を押し上げた。

東証大引け 反発 米中協議進展の思惑、値がさ株に買い:日本経済新聞

■日経平均:21,551.98円(+96.60円 / +0.45%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【16,610円】(-370円 / -2.18%)

■最高値:16,940円(09:00)
■最安値:16,480円(09:26)
■値幅:500円(前日終値より)
■出来高:1,125,400

朝の26分間で、真っ逆さまに昨日比500円の落下。出来高も10月初めての100万超え。

しかし冒頭にも書きましたが、今日は至って冷静でした。

昨日との相殺で平均線には大きな影響はなく、まだ前月比で【+170円】のポジションです。

しかし前回は、もう一発翌日に訪れました(当日中に前戻ししましたが)。ちなみに、そのもう一発が訪れる前夜、9/10の【-855円】時の動きは以下です↓

これを載せたところで、だから何がわかるんだ?ということでもあるんですが。

私が読み取れるのは、今回のほうが若干下ヒゲが長いからちょっと安心(?)、くらいですかね^^;

もし台風が原因だとしたら、明日も苦しいかもしれません。

いずれにしてもオーバーペースですので、前回同様に事故が起きやすくなっています。あたり前かもしれませんが、特にランキングに載ったなんていう翌日は要警戒ですね。

本日は大きめな落下日となってしまいましたが、首位打者でもたまにはダブルプレーに打ち取られます。

そんな日だと思って2Q決算を待ちます。

※実は今回の台風ちょっと、結構怖いです。ウチもロックオンされてるんですね💦

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 半ば恐れていたオリエンタルランドの9月は、終わってみれば【+9......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る