終値16,645円。オリエンタルランド株、ほぼ株主全員がプラスとなる着地。

●次回権利付き最終日:2020年3月27日(金)
●権利落ち日:2020年3月30日(月)

最高値は先月9/22に記録した【16,650円】ですが、本日それに5円届かずとも、始めての16,600円台の着地。

本日最高値での着地でもあり、つまり、現物買いの株主は現在ほぼ全員がプラスとなるおめでたい日となりました。

25日線(紫色)も、今日こそ確実に16,000円を超えましたね。

25日線との乖離は現在600円強(約3.9%上)。まだもう少しは余裕があるかといった、非常にスムーズな安定飛行。

初めて16,000円を超えたのは先月9/5です。それからわずか1ヶ月で、25日線も同ラインを突破。

1万円を超えてからのそれぞれの節目日は以下のようになります。

●10,000円突破:2017.11.30
●11,000円突破:2018.01.17
●12,000円突破:2018.06.18
●13,000円突破:2019.05.17
●14,000円突破:2019.07.04
●15,000円突破:2019.08.08
●16,000円突破:2019.09.05

長い間12,000円の壁を破れずにいたことがまだ記憶に新しいですが、5月に13,000円を超えてから、ほぼ1ヶ月ペースで1,000円の上昇。なおも、現在のところは曇りなし。

次に控えるは、今月末の2Q、そしてアナ雪2、ディズニー・チャンネル。

さすがに危ない危ないと、恐怖と背中合わせになりながらも、どうしても希望を持ってしまいますね。こんな高値圏でも次から次へと買われる株には、市場も期待のほうが上回っているという裏付けでもあります。

初めてオリランドに投資をしてから2年半が経ちました。

今ではそれなりに他の銘柄も所持するようになりましたが、当時、「あんな株ないよ」と言われた意味がやっとわかった気がします。

希望。

当然先のことはわかりませんが、希望を持って生きることは生活を明るくしてくれます。もちろん最悪の事態を想定することは大事なことですが、これからも常に希望は持ち続けたいですね。

たまたま運が良かっただけかもしれませんが、オリランド株は私に希望を与え続けてくれました。これはもちろんこれからもです。

要するに、まだまだ通過点であると。思うことにします。

ずっと良いときが続くわけはございませんので、だからこそ勝てるときに勝ちたいですね(それがわかれば誰も苦労しないのですが…)。

失礼いたしました。本日は最高値での着地で少し興奮しました。

さて、本日は日経平均も反発。東証一部の値上がり銘柄は79.6%でした。

外国為替市場で円相場が一時、1ドル=107円台半ばまで円安・ドル高に振れ、輸出企業の採算悪化懸念が後退した。国慶節の連休で前日まで休場していた中国・上海株式相場が上昇したことも支えとなり、上げ幅は一時250円を超えた。

東証大引け 反発、一時250円超高 円安・上海株高で海外勢が買い戻し:日本経済新聞

■日経平均:21,587.78円(+213.53円 / +0.99%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【16,645円】(+90円 / +0.54%)

■最高値:16,645円(14:51)
■最安値:16,445円(10:03)
■値幅:200円
■出来高:730,600

前場はプラスマイナス行ったり来たりが続きましたが、14:00に前場の高値を塗り替えました。このじわじわと買いが入って固まって行く感じが好きです。

信用倍率は、先週より若干上がって0.45。売りが若干減ったのが意外でしたが、まだまだ高水準。

恐怖指数は、日経VIは本日20を下回ったものの、昨晩の米市場の伸び悩みで、VIX指数は6.34%上昇。まだまだ警戒は続く感じですね。

ところで、「米市場はこれからバブルに突入か」、というニュースを目にするようになりました。ついこの間は「バブル崩壊が近づいた」的なニュースを見た感じがしましたが。どうなんでしょうかね。

オリランドはこれで前月比【+205円】。

希望は、まだあります。

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 半ば恐れていたオリエンタルランドの9月は、終わってみれば【+9......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る