終値14,975円。オリエンタルランド株、米株安にも動じず普通のプラス日。




●次回権利付き最終日:2019年9月26日(木)
●権利落ち日:2019年9月27日(金)

さすがに今日は大きな覚悟を持ってのスタートだったかと思いますが、さほどというか、全く影響はなかったとの判定です。

自分の落ち度ではない落下、ここを押し目チャンスと見ている部分もあり、果たしてどこまで持っていかれるか、寄り付きは期待(?)と不安で見守っていたのですが。。。

25日線(紫色)をひとまず14,500円まで上げるという希望は現実味を帯びてきました。

昨日の米国市場は、対中関税第4弾の先送り報道で大きく反発しましたが、昨晩はすぐさま叩き落された形。

朝方の米債券市場で長期金利の指標とされる10年物国債利回りが2年物を下回った。逆転は2007年6月以来ほぼ12年ぶりで、景気悪化や物価停滞の長期化するとの警戒感を誘った。

NYダウ800ドル安、今年最大の下げ 米国債利回り逆転:日本経済新聞

昨晩スマホに届いたのは、昨日とは真逆の、今度は円高通知です。

恐らく日経平均も大きな影響を、ということで、台風と絡んで朝から気分がどんよりとした日だったのですが、オリランドには関係なかったようです。

本日の日経平均はもちろん下落。東証一部の値下がり銘柄は84.3%でした。

逆イールドって、何ですか😅

前日の米債券市場で10年物国債利回りが2年物国債の利回りを下回り、景気後退入りの前兆とされる「逆イールド」が発生した。景気減速の懸念で14日の米株式相場が急落し、投資家心理が悪化した。半面、個人投資家などから押し目買いが入り、後場に下げ渋った。

東証大引け 反落、半年ぶり安値 米長短金利の逆転を嫌気 個人は押し目買い:日本経済新聞

■日経平均:20,405.65円(-249.48円 / -1.21%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【14,975円】(+45円 / +0.30%)

■最高値:15,000円(11:29)
■最安値:14,675円(09:00)
■値幅:325円
■出来高:503,800

寄り付きで14,675円(最安値)をつけるも、すぐさま反発。

押し目買いを狙っていた方々の一斉発射、からの、そこに空売り勢の買い戻しブーストがかかった感じです。前場でプラスに転じました。

普通に、きれいな上昇推移ですね。

昨年はあれほど巻き添えを食らっていたのに、いまだ冷静に見えます。今日は単なる自分のペースでの降下とも取れ、こうなるとやはり今年は特別な強さを感じざるを得ません。

こうなるとこのブログで確認するのはVIX指数です(遅い)。8月は比較的大暴れしているのがわかります。

今回は5月後半の落下時よりも高い数値を指しており、VIX(青色)は現在【22.58】で、日経VI(黄色)は【21.36】。

お互いに危険シグナルは点灯しておりますが、昨晩のVIXに比べて日経VIはさほど跳ね上がらなかったなという印象。

パニック売りは昨晩で終わったと思いたいですが、今晩も雪崩れるようでしたら、米国株の増資を考えております。

しかし、オリランドが一向に降りてこないのが不思議ですね。これだけ世界が動いているのににさほど暴れないというのも。

昨年は8/22に75日線を割っていった例がありますから、まだまだお盆の警戒は必要かと思いますが、、、

「押し目待ちに押し目なし」という格言もあります。

6月に増資できなかった自分。あれから2ヶ月が経ってもいまだ上がってしまう一方です。上がる分には嬉しいのですが、こうも強すぎると落とし穴を警戒するのは当然です。

その時は、いまだ来ず。

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 8月になり、2014年、2017年を上回る角度でいまだ上昇し続......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る