終値11,305円。オリエンタルランド株、トレンドが変わってしまうか?




●次回権利付き最終日:2019年3月26日(火)
●権利落ち日:2019年3月27日(水)

苦しい。

昨日一昨日に続いて、非常に苦しい一日となりました。

25日線(紫色)どころか、75日線(赤色)をここまで下抜けしたのは今年初、いや、昨年5月のトレンドスタード時から遡っても初めてのことになります。もちろん2月のVIXショック時でもここまでは下に抜けませんでした。

こちらは日足6ヶ月。トレンド軌道を完全に逸脱しています。

SQ、そして地震。

もし本当にこれが原因であれば一時的なものとして受け入れられますが、利確売りが損切りを呼び、損切りが利確売りを呼んだ今回は、下落幅があまり見ない形になってしまい、慌てた方もたくさんおられると思います。もちろん今回は自動売買ではないでしょう。

日経平均も本日は軟調で反落。東証一部の71%が下落したので、確かに地合いも悪かったようですが。

半導体市況の先行きに対する警戒で米国の半導体株指数が下げ、東京市場でも関連株に売りが波及。中国景気の先行き不透明感で「中国関連」が多いとされる機械株が総じて下げたことも相場の重荷となった。

日経平均、反落 終値60円安の2万2604円:日本経済新聞

■日経平均:22,604.61円(-60.08円)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【11,305円】(-255円 / -2.21%)

■最高値:11,555円(09:00)
■最安値:11,250円(11:10)
■値幅:310円(前日終値より)
■出来高:856,600

下落局面ではだいたいそうですが、皮肉にも出来高は比較的高め。

最安値の11,250円は、6月上旬、実に3ヶ月前の株価まで転落です。今までトレンドラインに乗ってきたオリランドとしては、中期的な予想も立てにくい非常に不安定な状態となりました。株主のみなさまの混乱も見て取れるようです。

さて、起きたことを嘆いても始まりません。

ひとまずはSQが過ぎ、地震騒動が収まるまではじっと耐えたいと思います。2011年の液状化状態時でも、一時的な下げで反発しました。

しかし9月はこれで計【600円】のマイナス。

9月末の目標は12,100円で、あと795円。。。。いやこれはさすがに苦しくなったか。

前回の優待月、3月の成績は14勝7敗【+445円】。VIXショックから立ち直るきっかけにもなり、新たなトレンド線を作った優待月でした。

今月はすでに6敗を喫して逃げ出したくもなりますが、1年、2年後の長期的な視界は明るいですよ。

私は強気で参ります。

いつもありがとうございますユメカブです。 今年のオリエンタルランドの8月は、上へ下へと荒れ目な一ヶ月とな......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る