終値5,112円。オリエンタルランド株、昨年2月以来1年ぶりの6連敗。

※オレンジ:日経平均

無慈悲にもあっさりと75日線(赤色)を下抜け。2月は「0勝5敗」で、決算翌日を合わせるとこれで6連敗となりました。

6連敗は昨年2/15〜22以来約1年ぶり。これが7連敗以上となりますと、2022年4/21〜5/10以来となります(当時は9連敗)。

日付 売残 買残 売残増減 買残増減 信用倍率
2024年2月2日 761,000 1,763,200 -4,100 470,200 2.32
2024年1月26日 765,100 1,293,000 -149,700 107,400 1.69
2024年1月19日 914,800 1,185,600 17,600 -81,800 1.30
2024年1月12日 897,200 1,267,400 170,300 -617,700 1.41
2023年12月29日 726,900 1,885,100 -144,800 -124,400 2.59

昨日発表された先週の信用倍率は【2.32倍】へぶり返し。決算を見越した買い、はたまた反発を見越した買いが入り続けたか、再び重くなってしまった感じもありますね。

今年は1/17に新高値を出しましたが、当時の信用倍率は【1.30倍】。

過去5回の新高値時(新高値初日)と信用倍率との関係を調べてみるとざっくり以下のようになりました↓

2021年10月 1.14倍
2021年11月 0.67倍
2022年3月 0.34倍
2023年5月 0.73倍
2024年1月 1.30倍

今回は最も数字が大きいのもありますが、もちろん流れもあり、同じ1倍台の2021年10月は、8月の6倍台から大きく減少傾向にあり、それが翌月11月の再度の新高値にも繋がりました。

そういう意味では1月の新高値は、新NISA効果かどうか、日経平均便乗だとしても少しやりすぎちゃった感も否めないわけでもあり。

いずれにせよ週足レベルでは6連敗でも高値圏にいる現在、ひとまずこれ以上は欲張り過ぎだと言われても納得でしょうか。これでもまだ8%も高い位置にいます。

今日は半年ぶりにSMBC日興さんより目標株価の発表がありました↓

日付 証券会社 レーティング ターゲットプライス
2024-02-06 SMBC日興 2継続 4800円 → 5000円
2024-01-31 野村 Neutral継続 5200円 → 5300円
2024-01-31 GS 買い継続 5400円 → 6000円
2024-01-25 ジェフリーズ Hold継続 4900円 → 5200円
2024-01-09 みずほ 買い継続 5500円 → 5700円
2023-11-24 ジェフリーズ Hold継続 5050円 → 4900円
2023-11-09 三菱UFJMS Overweight継続 6300円 → 5800円
2023-11-07 モルガンS Underweight継続 2550円 → 2720円
2023-11-06 大和 2継続 5800円 → 6000円
2023-10-31 GS 買い継続 6300円 → 5400円
2023-10-04 みずほ 買い継続 4850円 → 5500円
2023-09-29 野村 新規Neutral(再開) 5200円
2023-09-01 BofA 新規買い 6110円
2023-08-14 三菱UFJMS Overweight継続 6000円 → 6300円
2023-08-10 SBI 中立継続 4500円 → 4700円
2023-08-07 モルガンS Underweight継続 2400円 → 2550円
2023-08-07 SMBC日興 2継続 4700円 → 4800円

2継続変わらずの「4,800円→5,000円」。

前回8月も「4,800円」、そしてその前5月も「4,700円」と、過去を見ても決して勢いに左右されない、個人的には最も好感が持てる目標株価となっており、私はいつもこれを支持しています。

目標5,000円とは、今の勢いづいた株価と比較するとかなり消極的かもしれませんが、過去の日興さんの特徴としては、2017年からほぼずっと目標株価を上げ続けてきているということのほうが重要ではないでしょうか。

ちなみに昨年末に描いた、私の今年の目標株価は「5,000円」です。根拠としては長期線が年末に5,000円付近に達するということであり(現在4,733円)、もちろん今年は上振れて終わることを大いに期待しますが、どれだけ上振れても必ずここまで降りてくる、最低限これより上なら心配無用との判断です。

6連敗上等。

本日の日経平均は続落。東証プライムの値下がり銘柄数は730、値上がりは878、横ばいは49でした。

前日の米半導体株安や外国為替市場での円高・ドル安が重荷となり、やや売りが優勢となった。下げ幅は一時300円を超えた。

東証大引け 日経平均、続落 40円安 半導体に売り トヨタ連日高値 – 日本経済新聞

■日経平均:36,119.92円(-40.74円 / -0.11%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【5,112円】(-24円 / -0.47%)

■最高値:5,159円(09:08)
■最安値:5,060円(12:50)
■値幅:99円(前日終値より)
■出来高:5,103,700
■引け成り:639,900買い

2024年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 35,264,241......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る