終値19,980円。オリエンタルランド株、25日線の反発で逆行高の続伸。

25日線(紫色)は約束通りの続伸で、平均線にうまく持ち上げられたか逆行高での続伸。

とは言え出来高も値幅も控えめな、どちらかと言えば引き続き現状維持でしょうか。かれこれこの株価で揉み合って一ヶ月となりますが、気がつけば決算まではあと10日、恐らくこのまま突入しそうですね。

10月になっていろいろ規制が解けてきた、肝心の入園者数ですが、週末のシーは、本日も入れて「やや混雑(慣れていないと辛い)」との判定。

ティズニーランド ディズニーシー リアルタイム待ち時間

この「やや混雑」の判定は、7月〜9月の3ヶ月間を見てもそれぞれ月に1日だけでしたので(それ以前はゼロ回)、明らかに人が戻ってきたのもよくわかります。

今後ディズニー側がどのくらいで制限をかけてくるのかは不明ですが、ソアリンの2時間半〜3時間待ちを見るに、現場の状況はもうほぼコロナ前に戻ったと見ても良いかも知れないですね。

7割が落下する東証プライムの中での逆行高は、この辺の動向も加味されてかもわかりません。先週13日から「ワクワク割」が始まりましたが、特に広報活動を行うこともなく、自動的に戻ってくるゲストたち。この辺もディズニーの強さのひとつでしょう。

今回随分長い期間じらされている「反発期」、たとえわかりやすくとも、期待はしています。

本日の日経平均は反落。東証プライムの値下がり銘柄数は1390、値上がりは384、変わらずは63銘柄でした。

米消費者の予想インフレ率の上昇などを受けて米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを続けるとの警戒感から、値がさ株を中心に売りに押された。

東証大引け 反落、米金融引き締めを警戒 下値の堅さも: 日本経済新聞

■日経平均:26,775.79円(-314.97円 / -1.16%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【19,980円】(+60円 / +0.30%)

■最高値:20,010円(14:39)
■最安値:19,780円(09:21)
■値幅:230円(前日終値より)
■出来高:572,200
■引け成り:87,500売り

2022年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 30,652,703......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る