終値12,935円。オリエンタルランド株、新高値で6連騰!




●次回権利付き最終日:2019年9月26日(木)
●権利落ち日:2019年9月27日(金)

改めまして、昨日・一昨日の連騰数に誤りがありまして申し訳ございませんm(__)m(数日後にタイトルを修正致します)。

本日「6連騰」で間違いありません。

そして13,000円に最も近づいた新高値。あと65円まで迫りました。いやしかし正直謎跳ねですよね。日経平均がやられる中、よくぞ頑張ってくれました。

恐怖指数が緩んだからか、それも日経平均に嫌気が差した分の資金が集まったか、いずれにしても新高値、ほとんどの方が含み益を抱えた状態の喜ばしい日になりました。

しかしそんな中、本日の日経平均は一ヶ月半ぶりの安値。東証一部の値下がり銘柄は58.3%でした。

米国が中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出を事実上禁止したことで、米中摩擦の激化による株安を見越した海外勢が株価指数先物に売りを出した。電子部品株や景気敏感株、中国関連株も売られ、日経平均は取引時間中には節目の2万1000円を割り込む場面もあった。

東証大引け 反落、1カ月半ぶりの安値 ファーウェイへの輸出禁止、電子部品に売り:日本経済新聞

■日経平均:21,062.98円(-125.58円 / -0.59%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【12,935円】(+255円 / +2.01%)

■最高値:12,960円(14:05)
■最安値:12,740円(09:00)
■値幅:280円(前日終値より)
■出来高:807,300

出来高は普段の2倍、積極的な買いが入ってくれました。

いよいよ13,000円まではあと一息まで来ましたが、さすがにどうでしょうか。昨日今日での上昇は、約3%。利確売り勢も虎視眈々とそのタイミングを狙っているところだと思います。

いずれにしても、25日線を大きく上回ったときに買うのは短期的にはあまり良いことではないでしょう。25日線はいまだ12,400円台。少なくともいずれはここまで落ちてくるということも念頭に入れながら、慎重に見ていきたいところです。

しかしそんな予想をも狂わすのが5年前の実績です。

改めて、5年前の2014年5月からの(30周年後とアナ雪大ブレイク後)の「オバケ上昇」を確認しますと、2017年の「54%も上昇した年」を持ってしても、比べ物にならない角度の上昇線が引けています。

現在のPERは65.4%。

もしもこれから株価が2万円まで上がったとすると、PERは101となります。一般的には到底考えられない数値ですが、期待をしてしまうのが夢の株。

そして、5年前の実績が、ある程度の目安になっているのも事実でしょう。同じようにとまでは望みませんが、今年もそれなりの線が引けるんじゃないかなと思わずにいられません。

なので、まだまだ当然ホールドです。少なくとも、オリンピックが終わった2021年までは。

頑張れ〜〜〜

追伸:
日産も頑張れ(´;ω;`)

いつもありがとうございますユメカブです。 オリランドの平成最後は、今年最大の下げ幅で終了。4月の戦績は、......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る