終値12,680円。オリエンタルランド株、令和初4連騰とピンチ日産。




●次回権利付き最終日:2019年9月26日(木)
●権利落ち日:2019年9月27日(金)

【5/16 追記】
タイトルの「4連騰」は、正しくは「5連騰」でした。大変失礼いたしました(タイトルの変更はいろいろ不具合が起きるため、ひとまずこちらにて追記いたしました。落ち着いたらタイトルを修正致します)。

決算後、なおも停滞気味だった平均線の底上げができるか?

25日線(紫色)上にハッキリと顔を出すことができ、決算で跳ねなかった分のビハインドを取り戻したいところ。

75日線(赤色)がなおも日に日にに追い上げてきている中、この12,600円台は固めてもらいたいです。

本日、日経平均は令和初勝利を上げ、オリランドも久しぶりに跳ねた形になりました。

東証一致部の値上がり銘柄は64.6%。昨晩の米市場反発も追い風となりましたかね。

企業業績や米中貿易摩擦への警戒から戻り待ちの売りに押される場面があったものの、アジアの株高を受けて投資家心理が改善。大引けにかけて海外ヘッジファンドなど短期筋の買いが優勢となった。

日経平均8日ぶり反発、令和初の上昇 アジア株高好感:日本経済新聞

■日経平均:21,188.56円(+121.33円 / +0.58%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【12,680円】(+160円 / +1.28%)

■最高値:12,680円(09:14)
■最安値:12,570円(09:01)
■値幅:160円(前日終値より)
■出来高:527,200

出来高は若干多めの52万台。終始危なげなく、特に後場は、日経平均がプラ転してくれたこともあって、底堅く推移してくれました。

4連騰で好調ではありますが、今日は久しぶりにしっかりした強さを見られた日。

これで前月比【+310円(+3.34%)】。やっとそれらしい数字になってきました。

控えめに見れは、このくらいで5月を終えたとしても悪くない戦績ですが、35周年の欲を出せばまだまだ足らないでしょうか。

新高値とまでは言いませんが、この跳ねで再び12,800円(前月比+4.3%)は欲しいですね。

本日は恐怖指数もさらに下がって良い傾向。日経VIは安全圏と言われる10台へ。5月の混乱は収まってくれるか?!

ところで、昨日減益減配のニュースが流れた日産自動車がとんでもないことになりました。

私は1,100株所有していて、その含み損は約26万円に膨れ上がり。

配当は、一株57円から40円へ下がり、仮にこの26万円を1,100株の配当で返すには、約7年かかります(笑)。

日産の配当の高さは、「ルノーへ合法的に送金するため」と聞いたことがありますが、今回これが下げられたということは?????

もうしばらくは株価1,000円への望みは、なくなってしまったかもしれません。

確かにここのところは配当が7%を超えていました。それでもまぁ、配当があるというのはこういった局面では心強いものであり。私の場合たかだか1,100株ですので、損切りは考えておりません。最悪7年待てば良いということで(笑)。

逆に、この辺で下げ止まってくれれば良いのですが、600円、500円とかに下がってしまうと目も当てられなくなります。

その1,100株を最初からオリランドに投入しとけば、というのは完全なタラレバで、株だからまぁそういうときもありますよね。

ゴーーーーーン。。。。

いつもありがとうございますユメカブです。 オリランドの平成最後は、今年最大の下げ幅で終了。4月の戦績は、......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る