終値11,875円。オリエンタルランド株、上がりたいのに上がれない?




●次回権利付き最終日:2019年3月26日(火)
●権利落ち日:2019年3月27日(水)

寄り付きの思わせぶり感が力強さを感じさせます。

結果的に12,000円は、、、やっぱり超えませんでした。

さて、米ダウは6日続落で迎えた東京市場。日経平均も前場10:17までは軟調傾向でしたが、反発しました。

上は本日の日経平均です。

外国為替市場で円相場が円安方向に振れたほか、中国などアジアの株式相場が上昇して市場心理が好転。短期目線の投資家が株価指数先物の買い戻しを強め、現物株指数を押し上げた。

日経平均、3日ぶり反発 終値276円高の2万2555円:日本経済新聞

■日経平均:22,555.43円(+276.95円)

そして肝心のオリランド。材料投下後の乱気流の中、日経同様には事は運びません。

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【11,875円】(-15円 / -0.13%)

■最高値:12,115円(09:02)
■最安値:11,780円(13:05)
■値幅:335円
■出来高:647,400

本日も寄り付き直後はスタートダッシュ。一時は前日比+240円をつけましたが、直後に11,800円台に戻されます。こんな挙動、以前もありましたね。

上がりたいのに上がれない。どこかしらそんなもどかしさも感じますが、今回の揺れは、発表前に大きめな上昇があったことでパーク拡張の材料投下以前からすでに調整懸念が生じていたことに起因するのではないかと考えています。

6月はスロースタートに見えたかと言えど、材料投下以前ですでに計370円のプラス。目立たなくとも確実に上がってはいたのですね。

早くも6月も下旬に差し掛かります。個人的には株価ももちろんのことですが、25日平均線の11,500円突破を目標にしています。逆に考えると、このラインまでの下降はいつでもあり得るということも頭に入れながら。。。

ただ、昨日今日の寄り付き時の爆発力も鑑みて、欲を言えばもう100円プラスした、11,600円あたりで一旦落ち着いてくれれば嬉しいなとも思っております。

ちなみに本日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の格上げがあったようです。「8000円 → 13000円」。

オリエンタルランドのレーティング – MSTG

当然、紆余曲折はありながらも、総合的な見通しは明るいのではないかと信じています。

いつもありがとうございますユメカブです。 心配されていた米朝首脳会談も無事閉幕し、ひとまずは株価にも良い......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る