終値17,135円。オリエンタルランド株、再び3月の高値に迫る権利月。

今回は5月の高値を超え、直近では3月29日の17,360円に次ぐ、今年度の最高値を記録。3/29と言えばでピンとくる方も多いと思いますが、今月もその権利月です。

権利落ちには強いとされていたオリランドではありましたが、前回に限ってはその慣例を裏切って1ヶ月で2000円ほど落下してしまったこともまだ記憶に新しいですね。

果たして今回は?という局面がそろそろ訪れようとしています。上昇角度は幾分緩やかにはなりましたが、1ヶ月前後の短い期間で15%に迫る上昇、ほぼ何も変わっていない現状、目の前の赤字決算を鑑みると、やっぱり今回も反落の線が濃いというのは言わざるを得ないでしょうか。

この動きですとまた今週も信用倍率も減ってそうですが、踏み上げ相場になるにはやはりまだ早いですかね。

再び30何年ぶりだと言われはじめている日経平均も3月以来の高値。今回選挙上昇の印象が強くあまり触れられませんが、こちらも権利上昇という側面もあるでしょう。こう見るとオリランドより恐怖を感じるようにも見えます。

今は地合い頼みのオリランド、お互いGクロス直後ということもありますので、日経がもし上抜けてくれれば、あるかもしれませんよ、再び18,000円が。

そうなるともちろん、その後がとても怖くなるのですけども。

本日の日経平均は。東証一部の値上がり銘柄数は1423(65.0%)、値下がりは645銘柄、変わらずは119銘柄でした。

8月末ごろからの急ピッチな上昇局面で買い遅れた投資家の押し目買いが優勢だった。前日の米株式市場でグロース(成長)株が堅調だったことから、東京市場でも成長株を中心に買いが入り、指数を押し上げた。

東証大引け 3日ぶり反発 売買代金は4カ月ぶり高水準: 日本経済新聞

■日経平均:30,500.05円(+176.71円 / +0.58%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【17,135円】(+185円 / +1.09%)

■最高値:17,185円(14:59)
■最安値:16,960円(09:29)
■値幅:235円(前日終値より)
■出来高:844,300

堅調だった地合いに準じて、84万の若干高めの出来高を伴った上昇。しかしその半分近くは引け成りで、今日は36万の売りが入りました。

もし15000円近辺で買っていたら、8月から約1ヶ月強で2000円の上昇。短中期の方であれば十分な利益であり、3月5月もここがほぼ頂点でもあったため、持ち越さず売りに転じるには確かに良いタイミングだったかもしれません。

2021年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 27,749,167......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る