終値15,085円。オリエンタルランド株、一日で決算ショックの8割を回復。

今日は33業種全てが上昇した非常に地合いの良い日となりましたが、まさか15,000円、25日線(紫色)上まで戻すとは思いませんでした。

過去2回の決算落下時にはなかった大きな下ヒゲはやはり今日の反発を暗示していたか、にしても日経平均の1.4%の反発に対して3.4%の回復。久しぶりに想像を超えた力に驚きました。

入園制限がかかって売り上げに限界があるとは言え、やはり不動の人気。

まさか今回の決算ショックはこれで終わりなのでしょうか?

過去2回の決算時は3日間に及ぶ落下が続きましたが、当然揉み合いはあるにしても、前日の下ヒゲと今日の力強さ、84万に落ち着いた出来高を見るに、今回最安値の14,290円を振り切るようなショック的な落下はもうない気がします。あったとなると、それこそ説明がつきません。

今期入園者数は昨年の約3分の1(1000万人前後)との予想がオフィシャルで発表されましたが、これでも持ちこたえたのは、やはり株主の皆さんはその先を見ている方、長期で握りしめている方が多いのだなと改めて考えていました。

また、本日は大和証券のレーティング発表がありました。8/3に下げてニュースにもなりましたが、今回は「2継続」で「13700円 → 16500円」。目標株価も上げ調子になってきましたね。

しかし今日は恐れ入りました。

GOTOキャンペーンの延長も検討しているという最中、コロナに対する認識は明らかに変わってきていましょうか。今後感染者数が増えたとしても、結果的に死者数も含めて全体の健康状態は例年よりも相当良くなっているという事実も一般的に広まってきた気もします。

少なくとも日本は、この程度の数字と認識状態でロックダウンはもうあり得ないでしょう。これから冬を迎えて「感染認定」される方は確実に増えると思いますが、経済状況は日に日に良くなっていくものだと思っています。大統領選で、近くもうひと波は耐えなければですが。

プロ野球とJリーグは、来季は満員開催が可能だという見通しも出てきました。来年の夏はもう、マスクなんてしたくはないですね。

ところで、本日10:00から株主優待券を含む抽選入園の受付が始まり、先程行ってみたところ全く繋がりませんでした😅 平日なのに初日からすごいことになってるようですね。

11/8までの受付で、「抽選」ですからそんなに慌てなくても大丈夫かと。

抽選方法は、1次抽選と2次抽選があるようで、1次抽選に落選しても、2次抽選に申し込めるようです(入園枠はそれぞれに用意しているようです)。

あ、行けました!こんな感じでした。

ちなみに、受付フォームはこちらです↓

東京ディズニーランド/東京ディズニーシーパークチケットの入園抽選受付フォーム

でも12月と1月は入園許可が12:00以降となるようで、これがちょっとネックですかね。でもそれでもなかなか繋がらないという人気ぶりでした。

本日の日経平均は6日ぶり反発。東証一部の値上がり銘柄数は1622(75.1%)、値下がりは497、変わらずは61でした。

前週に相場が大きく下落したことを受け、自律反発狙いの買いが好決算銘柄や景気敏感株を中心に入った。好調な中国の経済指標や日本時間2日の米株価指数先物が堅調に推移したことも支えとなった。

東証大引け 6日ぶり反発、企業業績の回復に期待感 :日本経済新聞

■日経平均:23,295.48円(+318.35円 / +1.39%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【15,085円】(+500円 / +3.43%)

■最高値:15,100円(14:59)
■最安値:14,730円(09:18)
■値幅:515円(前日終値より)
■出来高:841,900

買い戻しは寄り付きで終わったと思いましたが、地合いに助けられて日経平均共々11:00までは一旦上昇。しかしそこで力尽きた日経に対して、後場にもうひと跳ねありました。

しかし新規の買いというよりも、前回同様の落下を狙った売り方さんたちが降参して次々と買い戻したと見るほうが当たってるのではないでしょうか。

やはりちょっと、先週末ならまだしも、今新規で買うというのはいつも以上に勇気がいるんじゃないかと思います。

いずれにしても、恐怖の決算が過ぎました。大統領選も怖いですが、かなりホッとしています。ひとまず大事に至らず良かった。

2020年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 21,586,501......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る