終値14,095円。オリエンタルランド株、直滑降の25日線に耐える株価。

マイナスでしたが日経平均に逆行して陽線で終えたデッドクロス2日目。

このペースですと、25日線(紫色)はちょうど決算日前後の月末あたりに株価まで降りてくる計算です。もっとも、株価がこのラインをキープできていればのお話になりますが。

しかし出来高もさほど上がらずに、なんとか今日もしれっとやり過ごすことはできました。増え続ける感染者数からの週末手仕舞い&ダブルデッドクロスで、もっと下げてもおかしくなかったのですけれども。

さて、世間は後藤さんのキャンペーンで盛り上がっております。もとい「GoTo」さんです。

結局どうしたいのかわかりにくくなっておりますが、とにかくみんなが混乱しているのだけはよくわかりました。

今日もまた、新規感染者数だけがいかにもな形で報道され続けておりますが、東洋経済オンラインで、事実に基づいた冷静な記事が出ていましたので、永江一石さんのtweet経由で紹介します↓

明らかに怯え過ぎであることもよくわかり、また、だからといって大丈夫だと言えない立場の方々の気持ちもわかります。

でも、最初は得体の知れないウイルスに怯えることから半年以上が過ぎ、明らかに分析が進んでいることは間違いなく、大丈夫だとは言えないにしても、もう次のステップに進んでも良い頃合いじゃないかなとも思います。

近ごろは、第二波、第三波なんて、報道側が勝手に作り出した幻想だと思うようにもなりました。

感染以前に、いつも以上に体調に気をつけて、とにかく健康であれば検査の必要もないわけで、そうなれば「感染者数」は勝手に減るわけで、万が一感染してたとしても大事に至る確率は少なく、感染すら気づかないで終わる可能性も高いです。

人間なんて、もともとバイキンだらけなんですから(笑)。

本日の日経平均は続落。東証一部の値下がり銘柄数は1272(58.9%)、値上がりは827銘柄、変わらずは72銘柄でした。

国内や米国で新型コロナウイルスの感染拡大が勢いを増しており、投資家が運用リスクを避ける姿勢を強めた。鉄鋼株や海運株など景気敏感株を中心に売りが出て、下げ幅は一時100円を超えた。

日経平均続落、終値73円安 コロナ新規感染者増を嫌気:日本経済新聞

■日経平均:22,696.42円(-73.94円 / -0.32%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【14,095円】(-30円 / -0.21%)

■最高値:14,165円(11:10)
■最安値:13,960円(09:02)
■値幅:205円
■出来高:570,200

プラ転こそしませんでしたが、出来高50万台、値幅は205円と、ひとまずは比較的落ち着いた形で週を終えることができました。

しかし最近の新聞の記事などは、下がればコロナ、上がればワクチンで、あまりに考察がわかりやすいのですが、本当でしょうか。

であるとしたら、ワクチンができれば上がり、コロナ感染者が減ればまた上がることになります。簡単過ぎますが^^;

さて、今週はとうとうダブルデッドクロスを迎え、体勢的にもとても苦しい局面へと突入しました。かろうじてまだ14,000円台、人気とキャッシュ力でどこまで我慢できるか。体力戦はまだ始まったばかりです。

当然織り込んでいるはずですが、あまり見たくない、1Q決算まではあと2週間。

2020年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 前回比 20,709,845......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る