終値15,650円。オリエンタルランド株、3連敗も慌てない。

人知れず、地味に「今年の最大下落率」を記録した3連敗の本日。

75日線(赤色)で、止まったのか止まっていないのかの微妙な判定。

短期の方には大変恐縮いたしますが、長期ですとまだまだ十分想定内の範囲です。15,400〜15,500円付近でのクロス(赤線と紫線の交差)を期待する上では、慌てる局面ではないのでしょうか。

何を持って15,400〜15,500円付近なのか、と問われるならば、2年前に似たような形を見たからだけであり、それ以上は何の根拠もありません。

また短期の方でも、今週さらに上昇すると思っていた方は少数派ではないかと。お得意のパターンに持っていけそうな兆候でもあります。

個人的には、先週の上昇を受けて、ひとまず大荒れしなくて良かったと胸をなでおろしております。

なんとなく、今思えば、本当に良いタイミングでブログを始められたと思っております。

なんて、どうして突然勝手に哀愁に浸っているかと申しますと、以前も何度か書いたと思いますが、こういった局面、あまりネタがないんですね(爆)。

ネタがないならないで、それはまた穏やかな良い日だったという考え方もできるわけであり。なぜならまた、大きく揺れたら揺れたで文句を言うわけです。勝手な奴だ。

総括すると、今月は4勝5敗で前月比【+770円】。

これでもまだ十分な上昇月となっておりますが、意外と負け越したりしていました。

勝手な予想としましては、来週もまた、我慢の一週間になるかと思っています。上げ過ぎてしまったことと、やはりまだ25日平均線(紫色)との乖離が500円近くもあります。

来週は上か下どちらかと言われれば、8対2くらいで下げを予想する方が多いのではないでしょうか(という曖昧な書き方で、最近ハズレても他人のせいにする方法を会得しました(笑))。

本日の日経平均は続伸。東証一部の値上がり銘柄は55.5%でした。

円相場が1ドル=110円台前半と円安・ドル高に傾いたほか、良好な中国の経済指標も投資家心理の改善につながった。買い一巡後は利益確定売りも出て、後場は伸び悩んだ。

東証大引け 続伸、3日ぶり2万4000円台回復 米ダウ最高値が追い風:日本経済新聞

■日経平均:24,041.26円(+108.13円 / +0.45%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【15,650円】(-150円 / -0.95%)

■最高値:15,895円(09:00)
■最安値:15,620円(14:36)
■値幅:275円
■出来高:436,900

出来高の割には【275円】と比較的大き目な値幅になった本日、昨日同様にまた米株高に影響を受けたか、多くの銘柄で「寄り付き跳ね」が見受けられました。

本日も、出来高の推移的に特に危ない売りがあったようには見えませんので、重力に引き寄せられた下げとの判定で良いかも知れませんね。

逆に来週ここで上げてくると、必然的に空売りも増えておもしろい転換点となるかも知れませんが、長期勢が下手なことを言うのはやめましょう💦

じっくり待ちます。美女と野獣、オリンピック、そして2年後のエリア拡張を。

2020年の株価の推移はこちら

円建保有証券 日本株評価額計 損益 損益(%) 損益前回比 21,580,5......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る