終値15,915円。オリエンタルランド株、2020年は早くも+1,035円(+7%)。

●次回権利付き最終日:2020年3月27日(金)
●権利落ち日:2020年3月30日(月)

本日はまさかの連騰日となりました。

突然のリスクオフ発令の地合いにさらわれた感も大きいですが、日経平均よりも二倍の上昇率で、一時は11/5以来、約2ヶ月ぶりの16,000円超えも。外人さんがこぞって買いに来た雰囲気でしょうか。

個人的に、10/31の遅咲きの15,900円で増資した分も、ようやくプラ転しました^^;

完全復活まではまだ道半ばですが、これでまた新しいトレンド線が生まれそうな、明らかに体制を整えつつあります。

でもその前に、やはり普通に考えて、今回の上昇による一波乱はありそうです。と言いますか、これは絶対にあるでしょう。

どのラインが心理的支えになるかですが、真下の75日線(赤色)は信用できないでしょう。ちょうど5日線(緑色)が15,500円付近。少なくともここまでの反落は覚悟かもしれません。

ちょっと嫌な上ヒゲ残しで、次週は「得意の連休後」ではありますが、果たして耐えられるでしょうか?!

25日線(紫色)との乖離は900円弱。これ以上はもう、一度息継ぎをしなければ相当苦しいはずです。

そして再び空売り勢力が増え、信用倍率が下って踏み上げられていく、というパターンに入るとまた上昇モードの期待もできますが、今期はほぼ減益確定ですから上値は限られるとは思います。

でもそれも、新エリア次第ですね。楽しみです。

2020年の第一週の成績は【+1,035円】で、今週は、私の2017年からの観測史上最高の伸びを記録しました。

11月〜12月は、個人的にも精神的に参っていた時期でもあり、これでやっと復活できたような気がします。とても良い一週間でした。

本日の日経平均は続伸。とはいえ東証一部は値下がり銘柄のほうが若干多く、値上がり銘柄数は977、値下がりは1076、変わらずは107銘柄でした。

中東情勢に対する警戒感の後退で前日の米ダウ工業株30種平均が最高値を更新したのを受け、運用リスクを取りやすくなった投資家の買いが続いた。外国為替市場で円が対ドルで下落したのも支えになった。一方で、3連休を控えた持ち高整理の売りは相場全体の上値を抑えた。

東証大引け 続伸、業績改善期待銘柄に資金流入 3連休前で上値限定:日本経済新聞

■日経平均:23,850.57円(+110.70円 / +0.47%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【15,915円】(+140円 / +0.89%)

■最高値:16,025円(09:45)
■最安値:15,745円(09:01)
■値幅:280円
■出来高:865,100

一気に16,000円を超えていったときはどうなるかと思いましたが、さすがに一旦頭を打ったようです。

出来高は昨日より少し下がって86万台で、この半分以上は9時台のトレードでした。後場はほぼ連休前の買い控えといったところでしょうか。

さて、連休明けはどこまで我慢できるかが鍵となりましょうか。25日線はまだゆっくりと上を向き始めたばかりです。

ところで、本日は書店でcisさんの本を見つけたので購入しました。ちょっと読みましたが、普通の投資本とは一風違うようで、楽しみです。

しかしその後に寄ったコメダさんがこんな感じで予定が狂いました^^;

以前は突然停電したり、どうやらいわくつき(?)のテナントのようです(笑)。

今週もありがとうございました。良い連休をお過ごしください。

2020年の株価の推移はこちら

あけましておめでとうございます。 ねずみ年🐭、果たしてどうなるか?! 今年もよろしくお願い......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る