終値16,405円。オリエンタルランド株、1年半ぶりの、覚悟を決めた日?

もちろん、本日勝手に覚悟を決めたのは、個人的にです。

16,500円に達した25日線(紫色)とタイミングよく交差するように、本日それを割り込んでしまいました。

ここまでなら許せる範囲内。なんですが……

25日線を割り込んだのは9/11ぶり。その前で言えば、6/28(株主総会翌日)ぶりとなります。

前回の9/10、11の際は台風15号が過ぎた直後、あまりの突然の出来事に混乱したまま時が過ぎていきましたが、今回は覚悟を決めました。

何を?

詳しくは最後に^^;(もったいぶる必要はないのですが(笑))

今月の成績は11勝7敗で、勝率では勝ち越しておりますが、内訳は【-35円(-0.21%)】。

7敗とも、全て大きめな落下なんですよね。落ちるときはそれなりに落ちる、というのが今月の特徴でした。

この時点で前月比でマイナスなのは、1月、それから今年唯一前月比で土をつけた4月以来。リズム的にはそろそろ一度調整月を迎えても然るべきであろうといった流れでもありますが、いかなる場合でも失速時というのは気持ちが良いものではありません。

「決算は恐らく悪くはないだろう。間違いなく上がるだろう。17,000円は超えてくるだろう」。

恐らく多くの方がこの予想ではないかと思われます。単にその足元をすくわれただけの日と判断してよいのかどうか、先週の落下分、それから悪くない地合いからしても、今日は反発してもおかしくない日だったと思います。

やはり、揺れが大きくなってきていますね。

17,000円は少し遠のきましたが、決算を控えた今週〜来週は勝負どころ。一時的にどれだけ揺れようと、数字さえ良ければ最後には上を向くはずです。引き続き期待はしているのですが。

そんな日経平均は、本日もわずかに上昇して6連騰。東証一部の値上がり銘柄は51%でした。

米企業の好決算を受けて関連銘柄を物色する動きが広がったほか、貿易問題を巡る米中協議の進展期待で投資家心理が改善した。

東証大引け 6日続伸で連日高値更新 半導体株けん引、米中協議も支え:日本経済新聞

■日経平均:22,867.27円(+67.46円 / +0.30%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【16,405円】(-210円 / -1.26%)

■最高値:16,500円(09:00)
■最安値:16,325円(09:04)
■値幅:290円(前日終値より)
■出来高:683,200

やはりちょっと本日は予期しない下落で、かつ25日線を割ってきたということもあり、若干の心理的ダメージはありました。

すぐに反発するだろうな、と見守るも、本日はどうも勢いが見えませんでした。

結局今日は、終始25日線を割ったまま進行。

ということで、表題のその「個人的覚悟」なんですが、、、、

昨年の1/5以来、1年10ヶ月ぶりに、とうとう、動きました。

16,395円で現物注文を入れました。

さすがに厳しいかと、すぐに16,400円に修正。

大引け直前、14:55くらいだったでしょうか。

最後の最後でスルスルっと落とすなら拾ってやろうかと。

結果、5円届かず。

この辺、成り行きにする勇気がないあたり、最後の抵抗と言いますか、ぬるいと言いますか。

これが良かったのか悪かったのか、全ては決算後にわかるでしょう。

これも運命だ?!

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 昨日は台風一過の好相場で、オリランドも2.2%の回復。もう少し......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る