終値16,440円。オリエンタルランド株、9月は新高値8発で970円(6.1%)のプラス。

●次回権利付き最終日:2020年3月27日(金)
●権利落ち日:2020年3月30日(月)

上昇値幅は1,000円に達しませんでしたが、6.1%のプラスは先月とピッタリ同じ。同ペースでの上昇月となりました。

新高値を記録した日数は、7月に次いで今年最大の8回。

今年新高値を記録した月別の回数は以下のとおりです。

●1月:0回
●2月:0回
●3月:3回
●4月:2回
●5月:6回
●6月:2回
●7月:8回
●8月:6回
●9月:8回

7月9月もすごかったですが、やはり1ドル104円にもなった8月の株安時での踏ん張りが光ります。個人的にはこのおかげで、増資のタイミングを完全に見失いました。

背景のピンクは、6/4に定期預金が満期となり、まとまった資金を手に、真剣に増資を狙っていた時期です。

①はソアリン実装直後。月末降下と重なって、13,000円付近までの落下を待つも叶わず。

②は夏枯れのお盆明け。ここは間違いないと踏んでいましたが、こちらも叶わず。1Q決算があまりに良すぎました。

③は予期せぬ落下で、確かに指が反応しましたが、あまりに突然の選択に迫られ、結局押せませんでした。

金額が金額だけに、慎重になりすぎてしまいました。今年はいつまでもモヤモヤ感を引きずった夏を過ごしてしまいましたが、早く切り替えるよう努めます。

さて、本日はマイナス日になりましたが、下ヒゲ陽線で引けたのは悪くない着地だと思います。いよいよ入場者数の発表ですね(多分明日の夕方?)。

本日の日経平均は続落で、東証一部の値下がり銘柄は75.5%でした。

香港で大規模デモが再び発生したほか、外国為替市場で円相場が1ドル=107円台後半でやや円高・ドル安方向に振れたことも嫌気され、景気敏感株を中心に利益確定を目的とした売りが出た。

東証大引け 続落 対中投資制限検討を嫌気、ソフトバンクGが押し下げ:日本経済新聞

■日経平均:21,755.84円(+123.06円 / +0.56%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【16,440円】(-50円 / -0.30%)

■最高値:16,440円(14:12)
■最安値:16,140円(09:05)
■値幅:350円(前日終値より)
■出来高:624,300

出来高は引き続き落ち着いてきた形ですが、まだ7〜8月の平均値よりも高く、決して低い値ではありません。

9月の成績は、12勝7敗で【+970円(+6.1%)】でした。

8月もそうでしたが、今月も予想外の上昇で、その恐怖はまた来月へ持ち越しです。

さて、とうとう明日から消費税10%。

今さらですが、増税前の駆け込み購入(特に家電)にはお気をつけください。増税は家電屋にとっても願ってもない特需で、ほとんどの商品はもう1ヶ月前あたりからじわじわ値上げが始まっています。常に価格コムでのチェックは必須です。

さすがにもうひと波落下があるだろうと思っていましたが、、、

私はこれで今回テレビを買い逃しました(-_-;)

オリランドと一緒、慎重になりすぎです。

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 うっかりしておりまして、先週末の更新を怠りました。今回は一週間......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る