終値16,230円。オリエンタルランド株、記録的暴風で5連騰新高値。

●次回権利付き最終日:2019年9月26日(木)
●権利落ち日:2019年9月27日(金)

ところで台風は大丈夫だったでしょうか?!

ウチのボロ屋は少し被害があり。

今日は早朝に、規則的なリズミカル音が夢に出てきて目が覚めました。

時計を見ると朝4時。それは間違いなく暴風音とは別の、水が滴るような音。

何?!?!?!?!

と思って天井に手を当てると、明らかに水滴が落ちてきているであろう感触が指先に。

幸い寝室の天井ですぐに気がついて良かったのですが、慌てて屋根裏に上って朝4時から屋根裏のチェックと掃除。

その後何をしてよいかわからず、とりあえず水滴が落ちる場所にバケツを。こういう時、ドリフのコントで学んだ知識が光ります(笑)。

不安になって朝っぱらから知り合いに電話をして、この写真を送ったら「なんとかするから大丈夫」と心強い言葉をいただき、安心して寝ました。

しかしオリランドはまだ「記録的暴風」が吹き荒れているようです。

今日は今年6回目の5連騰。

25日線(紫色)は現在15,250円といったところでしょうか。しかし株価は16,230円。

その乖離は約1,000円という、今年の最高高度である850円を大きく振り切って来ました。

こうなるともう、今までのパターンを参考にとか、そんなことが通用しにくくなってきます。

という言葉だけが脳内を回っており、嬉しい反面正直混乱も大きいです。

加えて、2月、5月に続いて、個人的な「下げる予想」も大きく外れました。

これらはまだ全てプラスの方向に外れているから良いものの、もしこれが逆になったときは、このブログごと吹っ飛ぶのではないのか(閉鎖せざるを得ない迷惑をかけるのではないか)と、あまりにハズレすぎる予想に、今日はそんなことも考えてしまいました。

そんな、千葉県をガッツリ縦断した台風15号の「ファクサイ」は(今回はもう名前も忘れない)、当然TDRにも影響したわけですが、あんな暴風の中、TDLは定時、TDSもなんとか1時間遅れで営業できたようでした。この辺はさすがでしたね。

ディズニーシー、1時間遅れで開園 一部制限区域も

本日上昇の背景にはもちろん日経平均の追い風もあったでしょう。東証一部の値上がり銘柄は78.9%でした。

5日続伸は4月11日~4月17日(5日続伸)以来、約4カ月半ぶり。終値は8月1日(2万1540円)以来、約1カ月ぶりの高値だった。世界の景気減速への過度な懸念が和らぎ、海外ヘッジファンドなどが株価指数先物に買いを入れた。

東証大引け 5日続伸 1カ月ぶり高値、景気減速の懸念後退、上値追い限定的 :日本経済新聞

■日経平均:21,318.42円(+118.85円 / +0.56%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【16,230円】(+260円 / +1.63%)

■最高値:16,230円(15:00)
■最安値:15,980円(09:06)
■値幅:260円(前日終値より)
■出来高:628,200

相場全体の追い風もありましたが、1.63%の上昇は日経平均の約3倍。しかしほとんどの方にとって、これは予想外の上昇だったのではないでしょうか(という風にしないと気持ちが落ち着きません)。

先週末に作った予想画像は、恥ずかしながら「今日から下降」。

また初日から大ハズレとなりました。

特に今日は「ちょっとこれはもう」という上昇で、すでに25日線の目が届くところから離れ、大気圏を飛び出してしまった株価は今後どのような調整を見せるのか。

日に日に角度を上げて上昇して行くに連れ、避けたいところですが、それなりの乱気流は覚悟しなければいけないのかもしれません。

さらに調整という調整がまだ今年は見られず、逆に、各イベントごと(権利落ちや入場者数発表など)に、いつもとは逆行する「狙い撃ち」も要警戒と、一筋縄ではいかなくなる予感も。

個人的には、今のところ2022年の「ファンタジースプリングス」に投資していると言い聞かせているので、多少の緊急降下には動じないつもりではあるのですが。

それはそうと、この人大丈夫なんでしょうか(-_-;)

希望の裏の絶望。

2019年の株価の推移はこちら

いつもありがとうございますユメカブです。 恐れていた8月ですが、オリランドは終わってみれば15,000円......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る