終値12,300円。オリエンタルランド株、35周年イベント最終日。




●次回権利付き最終日:2019年9月26日(木)
●権利落ち日:2019年9月27日(金)

約1年続いた35周年イベントも本日がグランドフィナーレ。天気もよく何よりでした。

そんな本日は、先週末の米市場の流れを受けて予想通りの非常に苦しい展開に。

しかしオリランド、マイナス着地ではありましたが陽線で終えることができ、これは上出来判定でしょう。25日線(紫色)にしっかり引っかかってくれたと思います。

昨年一昨年と優待直前に一度下落したことを考えると、今日の地合いからして、むしろほぼ無傷と言えるかもしれません。

本日の日経平均は、今年最大の下げ幅で2万1000円割れ。東証一部の値下がり銘柄は95.7%と全面安。

世界景気の減速を警戒した海外投資家の売りが続いた。外国為替市場で円高・ドル安が進行したことで輸出関連株への売り圧力が強まったほか、国内外の金利低下で収益が悪化するとみられる金融株も軟調に推移した。

東証大引け 反落し2万1000円割れ、下げ幅今年最大 景気減速警戒、全面安:日本経済新聞

■日経平均:20,977.11円(-650.23円 / -3.01%)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【12,300円】(-90円 / -0.73%)

■最高値:12,370円(09:17)
■最安値:12,230円(09:02)
■値幅:160円(前日終値より)
■出来高:621,300

出来高は若干高めでしたが値幅は160円。買いもしっかり入ってくれて、日経平均と逆行する場面もしばしば。

特に寄り付き直後の反発は、優待権利直前の最後のチャンス買いが垣間見れた感じがしました。そう簡単には下げない強さですね。

さて、いよいよ優待権利確定まで24時間を切りました。3月は100株でもパスポートチケットが1枚もらえますから、個人投資家の動きも9月より大きいはずです。

前月比はまだ【+70円】。2月の大上昇から、3月も結局下げませんでした。

現在時間外の米国市場は小幅安のようで、今晩の動きも大変気なるところではありますが、オリランドにとってはここからGW明けまでが集大成となります。

多少の崩れは跳ね返してくれると思いますが、万が一なんとかショックが絡んでしまうとさすがにどうかというところ。

35周年イベントは終了してしまいましたが、これからの春の株価祭りには非常に期待しております。

抜けるか!?13,000円。

【今後の予定】
●3月26日:優待権利つき最終日
●4月初旬:2018年度入園者数速報発表(仮)
●4月下旬:本決算

最も期待できそうなピークは、大型連休明けの5月7日(火)を見ております。果たしてどうなるでしょうか?!

いつもありがとうございますユメカブです。 引き続きオリランドは高値圏。今回若干の下落ありましたがまだまだ......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る