終値11,535円。オリエンタルランド株、3Q跳ねの天井は11,600円?




●次回権利付き最終日:2019年3月26日(火)
●権利落ち日:2019年3月27日(水)

惜しくも4連騰にはなりませんでしたが、昨日の終値、11,570円を決算発表前の1/30の終値と比較すると、約6%の上昇となります。

1Q、2Q発表時と比べても概ね予想できた上昇率で、ひとまずはこの辺りからじわりじわりと25平均線へ向けての降下が始まるのではないかと思います(昨年8月は再び謎の跳ねがあったんですが)。

本日の日経平均は反落。東証一部銘柄の63%が上昇したのですが、値がさ株(特にファストリ)の下げに引きづられたようです。

本格化する決算発表とあわせて通期業績予想を下方修正する企業が目立ち、先行きに対する不透明感から利益確定を目的とした売りが出た。これまで上昇基調にあった医薬品や陸運など内需株に戻り待ちの売りが出たほか、ファストリが大きく下げたことも日経平均を下押しした。

東証大引け 反落 利益確定売りで ファストリも下押し:日本経済新聞

■日経平均:20,844.45円(-39.32円 / -0.19%)

そんな中でのオリランドの下げも、まあまあ予想できたのではないかと。

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【11,535円】(-35円 / -0.30%)

■最高値:11,610円(09:00)
■最安値:11,450円(10:42)
■値幅:160円
■出来高:414,300

寄り付き直後はプラスマイナスを繰り返しておりましたが、今回は11,600円で落とされた形となりました。後場に再度アタックをかけたのは驚きましたが、やはりここが心理的な壁となったようです。

出来高も減って、値幅も狭くなりました。

改めて昨日の予想図です。もう数日様子見が続くかもしれませんが、ひとまず2月の天井は11,500〜11,600円ではないかと予想いたします。

11,500円で前月比【+3.3%】ですから、これでも昨年の本決算後の動き【+2.2%】を超えます。慌てる必要はありません。

忘れた頃の恐怖指数ですが、米市場の反発も寄与して、随分と落ち着いてまいりました。日経VIは20を切って安定水準、VIXはもう少しで15を切ります。

日経VIの16台、VIXの15台は共に4ヶ月ぶり。ここ最近で最も落ち着いた数値となっておりますが、果たして信じられるか?!

いつもありがとうございますユメカブです。 オリランドの3Q発表も無事終了し、悪くない上昇を見せました。米......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事



スポンサーリンク
トップへ戻る