終値11,275円。オリエンタルランド株、確実にいつもと違う動き。




●次回権利付き最終日:2019年3月26日(火)
●権利落ち日:2019年3月27日(水)

今日も下がるのですか?

まさかの一日。今日も売られてしまいました。

これだけ凹んでいる状態の中、昨日今日の地合いで反発できないのはなぜでしょう。半年ぶりのデッドクロス(25日線が75日線を下抜け)が現実味を帯びてきました。

材料がない?

確かにそうです。

期待されすぎている?

これもその通りです。OLCのPERはびっくり45倍です。

最近、ジェレミーシーゲルの本を読んでおりますが、読めば読むほど「期待されている企業の末路はもれなく散々なものである」ということを痛いほど理解させられます。

OLCだけは違う、と思いたいですが根拠はありません。

さて、本日はメジャーSQ日。上にも下にも揺れる一日でしたが、日経平均は久しぶりに2万3000円台に乗せました。堅調で非常に安定しておりました。

2月2日以来、約7カ月半ぶりの高値を付けた。13日にトルコ中央銀行が予想以上の大幅な利上げに踏み切り、新興国の通貨安不安が一服した。リスクオンムードが復活し、海外のヘッジファンドなど短期筋から幅広い業種に買いが入った。

日経平均続伸、終値は273円高の2万3094円:日本経済新聞

■日経平均:23,094.67円(+273.35円)

オリランドも、材料がない中今日こそは貯金を作っておきたい日でしたが、後場から売り勢力に押され、なんとマイナス着地。

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【11,275円】(-85円 / -0.75%)

■最高値:11,470円(09:14)
■最安値:11,265円(13:48)
■値幅:205円
■出来高:837,900

終値は【11,275円】。これは3ヶ月前の6/11の終値と同じ。1ヶ月平均195円上昇のトレンド線に乗ってきたオリランドは、順当に進めば今月は確実に12,000円台を固める月でした。

今までどおり特に悪い材料がない中、何かが変わってしまったようです。

確かに、今回の権利確定日は今までとは少し違います。

2015年9月から3年間ホールドした株主へは、ワンデーパスポート2枚のボーナスがつきます。

同様に、新たに今年2018年9月から2023年9月まで、5年間ホールドしたユーザーには4枚のボーナス。

今回の優待権利確定日は、その節目である月です。考えられるのは、「今回の権利確定で利確売りも含めて手放す株主が多い」と予測しての下げ、なのでしょうか。

しかし来年の「今年度の35周年の収支」、そしてソアリン実装、そして東京オリンピック、そしてTDS拡張を鑑みると、視界は明るく見えているのですが、これは幻でしょうか。

先程の、シーゲル風に言うならば、これらは全て「成長の罠」であることもわからないでもないです。ここ数日の動きを見ると、少し、というか大いに考えてしまう局面でもあることは確か。

こんなことはここ一年半はなかったですね。2月のVIXショック時もかなり堪えましたが、あれは「世の流れ」として消化できました。

今回は、単に「地震による影響」だけだったら良いのですが、こうなるとそうとは思えません。

9月末の目標は12,100円。あと825円。根性論でゴリ押ししたい気持ちもありますが、冷静に見るとこの目標は、ここ数日で相当苦しくなりました。

残すは、優待権利確定後の「新トレンド線」。新たな芽に期待します。

非常に苦しい週となってしまいましたが、今週もありがとうございました。

いつもありがとうございますユメカブです。 今年のオリエンタルランドの8月は、上へ下へと荒れ目な一ヶ月とな......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る