終値12,130円。オリエンタルランド株、好決算で今年2番目の急上昇。




●次回権利付き最終日:2018年9月25日(火)
●権利落ち日:2018年9月26日(水)

正直、想像以上の上昇に驚いております。そして嬉しいのは25日平均線(紫色)が再び上を向いてくれたこと。

本日10:00の段階で12,000円を突破。12,000円にはまだ早いと思っていたので(今も思っています)、この瞬間、次に考えたのは「利確売り」です。

それは、300〜400株は一旦手放しても良いかな、と本気で思わせてくれるほど。が、チキンな私は結局そんなことはできるわけもなく。いやでも結構本気でした。

エステーさん(4951)に突撃するかどうかもちょいちょい気にかけながら。

上は、今年最も上昇した1/11の後の5日間の推移です。当然利確売りは入ると思いますが、こういった堅調な推移も見ると、利確売りもなかなか難しいことです(このときは、2月に入ってVIXショックでやられましたが)。

またオリエンタルランドは、昨年の5月に利確売りをした後も全く下がる気配もなく、慌てて資金をプラスして買い戻したというトラウマもあり。

あぁ、、、どうでしょう。やっぱり12,000円はまだ早いのではないかと思ってしまうのと、8月の株価の動きを見ると、当面(少なくともあと1ヶ月程度)は、もうこれ以上はない、と思うのは自然な気もします。難しい。

今日はFacebookのことも書きたかったんですが、それどころじゃなくなりました。

さて、昨晩のNYダウ、ナスダックとも軟調で、前場は日経平均も引きずられていたのですが、13:00過ぎの日銀の号外でプラ転しました。

日銀は、きょうまで開いた金融政策決定会合で上場投資信託(ETF)の買い入れについて、東証株価指数(TOPIX)連動型ETFの比率引き上げを決めた。こうした政策変更を見越して前日までTOPIX先物を買って日経平均先物を売っていた投資家が日経平均先物を買い戻し、ファストリやTDKなどの値がさ株に裁定取引に伴う買いが入った。

日経平均小幅反発、終値8円高の2万2553円:日本経済新聞

■日経平均:22,553.72円(+8.88円)

本日の終値|オリエンタルランド(4661)
【12,130円】(+510円 / +4.39%)

■最高値:12,215円(13:32)
■最安値:11,680円(09:00)
■値幅:595円(前日終値より)
■出来高:1,629,600

本日の【+510円(+4.39)】は、1/11の【+685円(+6.68)】に次いで今年二番目の上昇率です。出来高も、今年6〜7回あったかなかったかの100万超え。

こういう局面になると、毎回好例の「平均線とは再びどこで出会うか問題」を考えなければなりません。

今年5月前後のペースで見ると、平均線は1ヶ月で概ね+300円のペース。となると、ひとまず8月は11,800円くらいまでは下がってくるのかなと冷静に見ております。むしろ、その辺りで出会ってくれれば御の字であったりもします。

日足6ヶ月で見ると、5月の大型連休明けが最も緩やかな傾斜に見えますが、このときでも1ヶ月で約400円の下げ。

さて今回はどうでしょうか?!

7月は、全てが今日一日の結果となりますが【+505円】となりました。良いタイミングで終われたとは言え、月間では今年最高の数字になりました(来月プラスで終えるのは難しそう?)。

苦しかった7月。ありがとうございました。

8月もよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございますユメカブです。 オリエンタルランドはなんとか6月最後の終値【11,625円】に......

株の優良ブログ検索はこちら↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る